スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェイムズ・ジョイス『ユリシーズ』2004.6.25

この本1度サラッと読んだぐらいじゃ済まないんですね。
私は最初2巻の始めぐらいまで読んで中断し、シェイクスピア、ホメロス、ジョイスの『若い芸術家の肖像』『ダブリンの市民』を読み、また始めからユリシーズを読み、度々中断しつつ、他のシェイクスピアやら、オウィディウスの『変身物語』やら読み、漸く『ユリシーズ』を読み終えてから再読の為に再び上に書いたジョイスの2册を読み・・・てな感じで抜けられなくなってます。すっかりはまりこんじまって。
この『ユリシーズ』って、めちゃふざけたパロディー小説なんですよ。読んでてネタモトがわからないのって悲しいじゃないっすか。そんなこんなでこーゆー状態に陥ってまして。それがまた結構楽しいんです。
シェイクスピアなんかは、話は知られているから読まなくていいかなあ、と思って、今まで食指を動かされずにいたんですが、ユリシーズをきっかけに読んでみたらすごくおもしろかったし。自分の読書生活の大きなプラスになったなあ、と。訳注だらけでものすごく読みにくい本なんですけどね。

楽天ブログの過去ログから転載してます。
投稿日はタイトルの横です。










*楽天ブログがトラックバック廃止しやがりまして、元々バックアップ機能もないので不安だった事もあり、ひとつのブログにいろんなジャンルが混在しているのも、どーなんだろってのもあり、読書・映画・美術系と分けて新たに作成しようと、とりあえず読書から作業していこうかオモて作ってみました。
楽天ブログの場合、そのまま引っ越しも出来ないし・・・ほんとにめんどくさいったら!!
消えても痛手の少ない、お気楽なグルメ・お料理ネタなどは、そのまま楽天ブログの方で続けても良いかなと思ってます。
それにしても、今までのトラックバックが全て消えてしまうなんて(>ω<。)゜。 よくこんなヒドい事が出来るものだと。
そんな傷心な私にの1クリックを~~~。
**とりあえずFC2 Blogのランキング登録しました。もうちょっとしたら (すぐかもしんないけど) いつものブログランキングの登録を、楽天ブログからこっちに移す予定です。


スポンサーサイト

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。