スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『カフカ、映画に行く』その2 2005.7.17

この本、映画に関してのいろんな著名人の言葉がちらほらと出てたりしてるのが、ちょっとイイです。

以下、ギョーム・アポリネールの『地帯』より。

おまえは声をふりしぼって歌っているパンフレットやカタログやポスターを読む。
それは今朝の詩であり、散文のためには新聞がある。


1921年の或る日、パレスチナ移住に憧れていたカフカは、『シオンへの帰還』というパレスチナ映画を観ます。
1920年11月には、プラハでも反ユダヤ主義の暴動がおこっていたそうです。カフカがミレナ・イェセンスカに書いた手紙です。

「毎日午後には、僕は街でユダヤ人への憎悪を浴びています。ユダヤ人が <疥癬人種> と呼ばれるのも耳にしました。人はこれほど憎悪されている場所からは、逃げ出すのが当然というものではないでしょうか? (そのためにはシオニズムとか民族感情などというものはまったく不必要です) そこにとどまることに固執する英雄的精神は、浴室から一掃することのできないゴキブリのそれと同じです。--後略--」

ここに、もしかしたら『変身』が生まれた背景があるのかもしれません。

トーキー到来と共に、カフカに死が訪れます。サイレントと共に亡くなったのですね。
カフカの早世は惜しい事ですが、もっと長生きしていれば、妹達のようにナチに殺されていたのかも・・・と思うと、複雑な気持ちです。

この作者のハンス・ツィシュラーは、映画・舞台での俳優活動のほか、演出家、脚本家、プロデューサー、エッセイストとさまざまな顔を持つ多才な人だそうです。
俳優とての、映画出演作が、ぬわんと、ゴダールの『新ドイツ零年』、ローベルト・ファン・アカレンの『別れの朝』、ヴェンダースの『さすらい』だって ! !

  


カフカ、映画に行くカフカ、映画に行く
(1998/08)
ハンス ツィシュラー

商品詳細を見る


クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。