スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『場』ドストエーフスキイの会の記録I 1969-1973 2005.7.19

2月25日の日記で、この本をゲットした事を書いてます。
今この日記見て思い出したが、ユリイカも買ったのだったか !

今も活動を続けるドストエーフスキイの会の発足当時の本という事に興味をひかれると共に、1969年~1973年という時代が、実に興味をひいちゃいます。
あの時代の熱さが伝わってくるような所もあります。
川端康成の自殺にふれている箇所もあったり・・・この頃に自殺したのかあ、なんて思いますね。
ちなみに1968年について、以前、いろいろ考えて書いています。是非こちらを。

それと、発足当時のメンツのすごい事よ !
ドストエフスキーを読んでいる人なら、必ず知っている、名翻訳者の面々がズラリですぜ。
く~っ、もっとむかーーーしから知っていれば、江川卓や埴谷雄高の講演が聞けたのかも・・・。

中でも印象的だったのが、清水正さんの文章です。
ドストエフスキーに関しての文って、なんか理屈っぽい、コムズカシイのも結構あって、頭痛がしてきそうなんですが、清水さんのような文は気持ち良くて大好きです。
残念な事に、一年ぐらいで退会してしまわれたんですね。
第九回例会報告要旨の『ドストエフスキーに関する勝手気儘なる饒舌』の、セリーヌ風の「 ! 」マーク連発な文章が実に好きなんですが、どこを紹介していいのか悩むので、以下は『ドストエフスキー体験』という、当時自費出版された本の紹介です。

ドストエフスキーの作品は濃厚毒酒である。なまじっかな体質では殺される。故に一滴飲んでもう結構という輩もいれば、強烈な異臭に鼻をつまんでまっぴ御免と尻込みする者もある。口に含む勇気はないが気になって仕方がないという連中はもっぱら酒精の分析に熱をあげる。この酒には幾つもの副作用があり、中毒症状が顕著である。常用していると先ず人づき合いが悪くなる。極度の皮肉屋が生まれ、時に泣き上戸もできる。愛飲家は反抗的で虚無的で同時に博愛心旺盛で人類愛にも富んでいるのだが、程々ということがないから世間にひどく嫌われる。現在迄発売は禁止されていないが、一般には飲まないことが望ましいとされ、この酒の悪口を喧伝することは大いに歓迎されている。勿論、中毒患者は地下室に閉じ込められる。が、地下へ追いやられる程に症状の進行した患者は自分の体内に残った微かなエキスで、臓腑を同じ毒酒に変え得るから、彼は地下に座したまま、毒酒の味わいに酔痴れるのである。そこで彼は人が中途までも徹底させない意識を徹底的に追求する。この丁度を知らぬ性情の表われこそ、この酒のもたらす特徴であり、この意識の徹底に耐え得る体質者のみが、この酒を飲み得るのである。

ぬわんと、この本を出された時、日大芸術学部在学中だったそうです。いやはや。この文章の巧さとおもしろさったら。学生ですぜ。

清水正
清水正ブログ
清水正研究室 on the web

あと、「某月某日 ドストエフスキーは・・・・」がおもしろかったです。
最近読んだばかりの、『死の家の記録』や『虐げられた人びと』のついても、いろいろ出ていて、おもしろかったです。

この会の在り方が実に素晴らしいのです。次の文が象徴してますね。

会とは無関係のある参加者が、あとでこのシンポジウムの持ち方について、専門家と素人とが全くの同一線上でディスカッションしており、そこにいわゆるアカデミズムに陥らない新鮮さと新しい可能性を感じ、それが最も強い印象として残ったと評価してくれた。これは私たちの会の発足の理念に他ならず、こういう会の一貫した姿勢がこのシンポジウムで一つの結実として打ち出せたことに最大の意義があったと思われる。

クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。