スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寺山修司 さかさま世界史『英雄伝』その3 2005.7.22

イソップに関しては、嫌悪感を露にしてますね。

このゾッとするようなエゴチズムが、小学生の教室で美しい女の先生の口から語られ、全国中に無数のイソップっ子が出来上がってゆくとき、世の中はますますアパシー (無感動) におかされてゆくことになるだろう。

と書いておきながら、

私はあらゆる処世術がきらいだが、とりわけイヌだのヒツジだのの名を借りて奴隷のモラルを説くイソップ物語は古本屋に叩き売りたい。

というのは、矛盾してませんかー?
古本屋に売るという事は、それを誰かが買って読む事を前提にしているのですから、人に広めたくないのであれば、捨てるか燃やすか、そのまま自分が持っているべきなんじゃないでしょうか。(ちと魔邪的ツッコミ?)

シェークスピアの『ベニスの商人』のユダヤ人差別には、私も苦笑しちゃいましたが、もし、この時代にシェークスピアと同じ環境にいたら、自分だってわかんないじゃないっすか。

ゲーテの『若きウェルテルの悩み』には、実は私も、これ読んだ時に「バカじゃなかろうか」と思ったのです。なので結構同意しちゃいましたが、寺山修司のように、それでゲーテが嫌いになったりはしませんでした。
この小説からの判断で、ゲーテの人格批判までするのは、いかがなもんでしょうか。
そして、北島三郎の『博多の女』という詩を例にとり、

人を愛する自由は、人間が獲得しうるもっとも基本的自由であって、何びとからも制約されるべき筋のものではない。「あの女はおれのものだから、どうか好きにならないでくれ」という仁義は、女を人間としてではなく、身のまわり品か愛玩物として考えることになるだろう。

と書いておきながら、

ひとの妻とも知らないで博多に来たなら、ひとの妻だと知ったときからこそ物語は始められるべきで、「あきらめて」「面影を抱いて」帰ってゆくのでは、パテント登録におくれた中小企業の商標メーカーとかわるところがない。

というのも、矛盾してると思うんですが…。最初の論理からいくと「諦める」べきなんじゃないっすか?

・・・とマイクをたたきつけながら <その4> へとつづきます。

↑ 当時マジャ・コングが「エンタの神様」でこれ ↑ やってた事からのネタです(笑)


さかさま世界史 英雄伝 (角川文庫)さかさま世界史 英雄伝 (角川文庫)
(2005/03)
寺山 修司

商品詳細を見る


クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。