スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドストエフスキー『鰐』 2005.7.30

ドストエフスキイ前期短篇集を読みました。
福武文庫、米川正夫訳。

ドストエフスキーの、あまり知られてない短篇、実は結構眠いのが多かったりするんですが…ドストエフスキー大好きさんが読むと、ここにあの小説の元になる鍵がある ! てな読み方をして楽しめる訳です。
しかし、やはりつまんないものはつまんない、と私は思うのです。読むのキツーって感じなんすよね~。
この前期短篇集、『初恋』『クリスマスと結婚式』『ポルズンコフ』『弱い心』『鰐 パッサージュにおける突拍子もない出来事』の6篇です。
一部は再読なのにもかかわらず、まるで覚えてないし・・・最初の三作あたりは、しんどいなーと思いつつ読んだのですが、『弱い心』はちょっとおもしろく、次の『鰐』、これが実におもしろかったのでR。

カフカはドストエフスキーの事を言及しているし、当然影響を受けていると思いますが、もしかしたら、この作品、カフカに多大な影響を与えているのではないか知らん……。カフカにドストエフスキーのどの作品が好きか聞いてみたいっす。

*ネタバレしますよん

これ、鰐に食われた人が、やけに冷静なのが笑えるんですよ。
ココなんて、『変身』クリソツではあーりませんか。鰐の腹の中で答えるマトヴェーイチ。

「生きているよ、健在だよ」とイヴァン・マトヴェーイチは答えた。「それに、神さまのおかげで、なんの傷もつかずに呑み込まれたよ。ただ一つ心配なのは、このエピソードを上官がなんと見るかだ。なぜって、外国行きの切符を手にいれながら、鰐の腹へ入り込んだのだからね、あまり気がきいてないもの……」

鰐に食われてるんですぜ、あーた。それどころじゃねーだろと。
そして、奥さんや周りの人達の動きがまた笑えます。鰐の飼い主のドイツ人とか。んなアホな…て感じですぜ。
鰐の方が同情される、とゆー結末も、『変身』と共通の悲しいものが漂ってるとゆー気がします。

他のつまんない作品の中にも、やはりドストエフスキーだと思わせる、鋭い箇所があったりします。
以下『初恋』より引用。

 幾たりかの人が、前面へはっきりと押し出された。悪態、陰口が横行したのはもちろんである。なにぶんこれが世界を支えているので、もしこれがなかったら、何百万という人が退屈のあまり、蠅のようにころころと死んでしまうだろう。


ドストエフスキイ前期短篇集 (福武文庫)

クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。