スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガルシン『あかい花 他四篇』 2005.8.27

岩波文庫 ガルシン『あかい花 他四篇』を読みました。
『あかい花』『四日間』『信号』『夢がたり』『アッタレーア・プリンケプス』

どれも実に印象深い短篇でした。

●あかい花●
これがまたまた、想起したのがカフカです。
ゴーゴリの『狂人日記』も連想しちゃいました。
燃えるようなあかい花に、世界のありとある悪が集まっていると思い込み、正義感に燃え、それをむしり取って殺してしまわねばならないと思い込む。ちとドン・キホーテ的でもあると思います。

●四日間●
ある1人の負傷した兵士の淡々とした四日間の話。
派手な銃撃戦やら何やらよりも、よほど戦争の悲惨さを伝えていると思いました。

●信号●
これまたカフカ的 !

●夢がたり●
ちとラ・フォンテーヌのような…。

●アッタレーア・プリンケプス●
動物園、ペットの犬、もうあらゆる生き物に対する人間の仕打ちを、キョーレツなアイロニーでもって伝えている作品だと思います。

今まで未読でしたが、ガルシン、すごく惹かれる作家です。
ガルシンは、精神病院にも何度か入り、発狂の恐怖に怯え、発作的に階段の上から飛び下り自殺を図ったそうです。そして脚部に致命傷を負い、五日苦しんだ後に息を引きとったそうです。
友人の「痛むか」という問いに、彼は心臓を指さしながら、「ここの苦しみに比べれば、こんな痛みは何でもないけ」と答えたと伝えられるそうです。(「あとがき」より)


紅い花 他四篇 (岩波文庫)紅い花 他四篇 (岩波文庫)
(2006/11/16)
ガルシン

商品詳細を見る


クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。