スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

澁澤龍彦『女のエピソード』 2005.9.4

グイド・レーニの『ベアトリーチェ・チェンチの肖像』の表紙に、「『世界悪女物語』を補完する女性論」だと言うので、楽しみに手にとったのですが、やけにあっさりしていてもの足りなかったんです。と思ったら、これ、資生堂のPR誌「花椿」に連載されたものだそうです。にゃるほど納得。
1970年1月~1971年12月まで。

 筆者は、もっぱら若い女性読者を対象として、できるだけロマンティックなエピソードを盛りこむように心がけつつ、古今東西の女の生き方をデッサンふうに描いてみた

という事だそうです。

とりあげられている女性達は、マリー・アントワネット、ベアトリーチェ・チェンチ、ジョルジュ・サンド、アグリッピーナ、ローラ・モンテス、和泉式部、サッフォー、ジャンヌ・ダルク、エリザベス女王、シャルロット・コルデー、サロメ、エロイーズ、細川ガラシア夫人、ルネ・ペラジー、ワンダ・リューメリン、聖母マリア、金髪のイゾルテ、マリリン・モンロー、建礼門院平徳子、ド・ブランヴィリエ侯爵夫人、ポンパドゥール夫人、王昭君、マグダラのマリア、ヴィーナス、です。

実在してない人物も出てきます。
既に知っている話が多く、もうちょい突っ込んで書いてくれたらいいのに~と思います。しかしまあ、「花椿」のエッセイならしかたないですよね。調べて買うべきであった・・・_| ̄|○
彼女達に興味を持っている人には物足りなく、全く知らない人にとっての興味を持つきっかけになりそうな本って感じでしょうか。

「美の巨人たち」で美女3位に輝いたベアトリーチェ・チェンチ
スタンダールが『イタリア年代記』という短篇集の中で、「チェンチ一族」という一篇を書いているそうです。こちらを読んでみたいっす。
あまりにもひどい、やりきれない実話ですよね……。

サッフォーと言えば、昔昔、青池保子の漫画『イブの息子たち』ではじめて知った名前だったりするんですが (笑)、レスボス島の女優詩人でレズのサッフォー。漫画ではてんてん眉毛が印象的だった記憶が・・・。
なので、まあおおかた人物は知っていたわけですが、「レスビアン」の語源だったとは ! これって常識ですか?
ま、そーいや聞いたよーな気もするんだけど。(^^;)
レスビアンとは「レスボス島生まれの女」という意味だそうです。

そして、ルネ・ペラジー、ワンダ・リューメリンという名はご存じでしょうか?
前者はサド侯爵夫人、後者は10年間マゾッホ夫人だった人です。
この辺が出てくるあたりは、澁澤らしいという気がします。



イブの息子たちって買えるんだ~~引っ越しの時に探して持ってきたんだが、2巻~4巻が行方不明で…(;_;) う~揃えてしまおうか…

  



あ、全3巻になってるの?

クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。