スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カフカ寓話集 2005.11.15

カフカの短篇は、実に簡潔でおもしろく感心したので、この寓話集も楽しくすらすらと読めるものと期待したのですが…結構読むのしんどかったです。それでいて、実に印象深かったりもします。なんかカフカの痛みが伝わってくるんだよなあ。
( ココに書いた『バベルの図書館』とかぶる作品も結構あります。)

特に『巣穴』。すんごい細かい強迫神経症的な感じがしました。神経症的辛さが伝染して読んでてしんどい作品かも。
この中から、あーいるいる ! こーゆー人 ! と思った一文を。

不審をかき立てられて、やおらあとを追ってくるのは、本来の敵でなくてもいい。ごくたあいないやつら、しけた連中かもしれないが、もの珍しげについてきて、それによって当人はそれとも知らず、世の敵意の火つけ役になる。
 その手のものではないかもしれず、もっと悪く、多くの点で最悪というべきは、それが私の同類である場合だ。巣穴のことをよく知っている森の兄弟、争いは好まないが、たちの悪い風来坊で、自分でつくらずに巣穴の住人になりたがっている悪党だ。


ココでもとりあげた『雑種』や、『中年のひとり者ブルームフェルト』、『父の気がかり』など、カフカの短篇には、実に変ったいきものが出てきますが、『獣』もその種類です。好きです、こういうの。1ページの短篇です。

 大きな尾をもった獣である。何メートルもの狐のような尻尾であって、いちどそいつをつかみたいと思うのだが、どうにもつかめない。獣はいつも動いていて、尻尾をたえず打ち振っている。からだはカンガルーのようだが、顔は平板な、楕円形の人間の顔とそっくり。無表情だが、牙を隠したり剥き出すときに表情があらわれる。---後略---

『メシアの到来』も1ページの短篇です。ラスト2行を引用。
確かカミュだったかが、もし神がいたとしても、それは自分を助けてくれるものではないから、いてもいなくても同じだ、みたいな事書いてたと思うのですが、そんな事を思い出しました。

 メシアはやってくるだろう----もはや必要なくなったときに。到来の日より一日遅れてやってくる。最後の日ではなく、とどのつまり、いまわのきわにやってくる。

カフカ寓話集 (岩波文庫)カフカ寓話集 (岩波文庫)
(1998/01/16)
カフカ

商品詳細を見る


クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

No title

カフカは短編も長編も、よく読みました。
たくさん読んだクセに、けっこう忘れていて、
山村浩二さんのアニメーション『田舎医者』は
映画館で観るまで読んでいたことを
思い出せませんでした。情けない・・・。
カフカって、内容より、文章そのものを
断片的に覚えていることが多いです。
「メシアは・・・いまわのきわにやってくる」
とかは象徴的ですね。

えびさんへ

アニメの『田舎医者』見てましぇんっ。
見てみたいな~~
私もよく自分の記憶力の悪さにビックリしますよん(笑)
読んでるうちに、あ、コレ読んだ事ある~ってな事もあるし~~(≧▽≦)

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。