スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加賀乙彦『宣告』その2 2005.12.3

◆殺人の心理◆

昔シリアルマーダーとかサイコパスとかロバート・K・レスラーの本なんかに少しハマッた経験がありますが、『宣告』の前半、殺人の心理を語る死刑囚のセリフ等から、そんな事を思い出しました。

FBI心理分析官 FBI心理分析官(2)

凶悪な連続殺人犯なのに、どこか憎めない砂田のセリフ。

「なぜ女が欲しかったか、なぜ女を殺さなきゃならなかったか。そいつが問題なんだ」
「そんなことは簡単だよ。女の首をこう絞めてみねえ、嫌がって暴れるらあ。それから体中が震えだす。ホッペもオッパイも茂みもケツも震えだす。それが、おめえ、こたえられねえいい気持ちなんだ」


十数人を殺した砂田は、こんな事も言っています。

「おらが殺した女たちはみんなうんと気持えさそうに死んだす」

この殺人鬼が、実に思い遣りの深い面を持っているんです。処刑前の雪合戦のシーンは実に印象的でした。
そして、次のセリフなんて、ちとドキッとしないでしょうか。

「ただ最後にちっとこ知りてえことは、本当は人間て誰でも人を殺してえって思ってるんじゃねえがってことだあね。どうだすか、あんた」

その3につづきます。

  

クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。