スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加賀乙彦『宣告』その12 2005.12.23

◆後半メモその4◆

他家雄が、シスター国光という人に書いた手紙を、恵津子に手紙で紹介する所があります。これがなかなか確信ついてます。

ある老司祭が「カナリヤのように美しく清らかに生き、死んだ聖人が好きだ」と書いておられるのを読んで、いたく失望し、力萎えたのですが、近頃そのお言葉が分るようになったのです。人は罪に堕ち、そこから這いあがるだけでなく、世の汚れを知らず、無垢な心のままに死んでもいいでしょう。しかし、清らかな幼な子が心狭く罪人を理解できないように、そういう信仰はどこか狭いのです。悪と地獄を知らない人は結局悪人を救えないのではないか、そう思うのです……」

処刑が決まった他家雄に、隣の歌人、垣内が贈った歌がなかなかいいです。これを最後に引用します。

「春嵐花を待たずに逝く人に青きを見せて雲かき裂きぬ」

年内に書き終わってえがったよ~。
死刑囚の話で年越しじゃあ、ちと暗い2006年になっちまいそーだし…でも『フランドルの冬』の感想もこれから書くんだよなあ…(^^;)

  

クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。