スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加賀乙彦『ドストエフスキイ』その2 2006.1.10

◆ドストエフスキーの獄中体験と加賀乙彦の死刑囚との接触より◆

精神科医として死刑囚と接してきた加賀氏ならではの、ドストエフスキー小説の理解の仕方には唸らされます。
『罪と罰』のラスコーリニコフの殺人シーンの心理描写は、すっっごくリアルでドキドキして読んだ記憶があります。
以下p.30より引用。

 殺人行為の直前、全身の脱力感におそわれるというドストエフスキイの洞察は驚くべき真実の発見である。そこには精神と肉体の麻痺、すなわち仮の死が見出されている。この仮死を通過しなければ、殺人という非日常的な行為は成就しない。とすればこの行為の前にラスコーリニコフが死刑囚のように濃縮された時間を体験したのもうべなるかなである。

(江川卓訳↓がお薦め。)
罪と罰(上)岩波文庫 江川卓・訳
罪と罰(中)岩波文庫 江川卓・訳
罪と罰(下)岩波文庫 江川卓・訳

罪と罰
罪と罰

この後、加賀氏が実際に会った殺人犯の例へと続くので、是非一読を。
ドストエフスキイ

次も、加賀乙彦ならではの見解で、とても興味深いです。p.37より引用。

 死刑囚たちの示す精神変調は、その困難な状況への彼らなりの必死の抵抗だとみなされる。爆発反応、ヒステリー、妄想反応は、言ってみればイッポリトの陥っている状態の極端なタイプなのである。自分の生命が、明日の朝、不意に断ち切られるかも知れぬという時、人間はおのれを正視することができず何とか逃げ道を探す。いくら探しても逃げ道がない場合、人間はおのれ自身を変化させることで身を守る、つまり病気に逃避するのである。

白痴(上巻)改版
白痴(下巻)改版

ドストエフスキイ (中公新書 338)ドストエフスキイ (中公新書 338)
(1973/01)
加賀 乙彦

商品詳細を見る


クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。