スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生田耕作『黒い文学館』その5 2006.2.2

◆マンディアルグ◆

今まで知らなかった作家も登場したのですが、中でもマンディアルグに関しては、かなりページを割いています。思い入れの強さが感じられます。
これを読んでから、早速図書館で『オートバイ』を借りて読みました。
この小説と、映画の『大脱走』から、パリではバイクに乗るのが流行ったそうです。
しかし……美輪明宏も書いてましたが、フランスのアメリカナイズド化には、悲しい気持ちになってしまいます。この前もテレビでパリの暴動事件がとりあげられ、ラップ音楽を奏でる若者が映ってましたが……絶対フランス語に合わないっしょ !
この『オートバイ』で乗っているのは、ハーレーダヴィッドソン。
革のレーサー服に身をつつんだ女性がこれを乗りこなすのは、そりゃカッコイイっすけど、昔のフランス映画に出てくる、ヨーロッパのバイクに2人乗りっつー図がパリには似合うと思います。
……と話が横道にそれてしまいました。
そのマンディアルグが別名で出したのが、『城の中で語る英吉利人』と言うエロ小説。
以下引用。

『一万一千鞭打譚』、『イレーヌ』、『眼球譚』、『オー嬢の物語』、『ロベルトは、今宵』、そして『聖餐城』につづく、この『閉ざされた城の中で語る英吉利人』の完訳をもって、あとはわずかにピエール・ルイス作『母親の三人娘』一篇を残すのみで、二十世紀エロティック文学の金字塔は、ほぼすべてわが国にも紹介しつくされたわけである。

こりゃ読むしかねーな、と思って、図書館で借りて、今読んでいる所です。(1/22現在)

また長くなってもーたので、次回最終回につづきます。

オートバイ
閉ざされた城の中で語る英吉利人

『オートバイ』は、『あの胸にもういちど』という邦題で、アラン・ドロン、マリアンヌ・フェイスフル主演で映画化されています。こりゃ観たいぞよ。

あの胸にもういちど デラックス・エディション [DVD]あの胸にもういちど デラックス・エディション [DVD]
(2005/05/11)
マリアンヌ・フェイスフル、アラン・ドロン 他

商品詳細を見る


黒い文学館 (中公文庫)黒い文学館 (中公文庫)
(2002/01)
生田 耕作

商品詳細を見る


クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : エッセイ/随筆
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。