スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トーベ=ヤンソン『ムーミン谷の彗星』その1 2006.3.8

だいーーーぶ前に、『たのしいムーミン一家』と『ムーミン谷の彗星』は私の本棚にあったのですが、時々絵を眺めて楽しんでいたものの、未読でした。
プーさんを読んだ後に、なにげに思い出して『たのしいムーミン一家』を読んだのですが、なんかいまいちつまらなくて感想も書かないままでいました。そして、持っているもう一冊のコレは読まずにいたのですが、それから数日後に、新聞でこの『ムーミン谷の彗星』が紹介されていて興味を覚え、こちらも読んでみたら、実におもしろいではあーりませんか !
なんとゆー人間くさい人 ( 妖精?) 達なのでしょう。
彗星が接近して地球に衝突すると言う、なんとも恐いお話なのです。子供が感じる恐怖や孤独等が実によく描けていると思うのです。そんな重大時にもとぼけた所もあったりするのが、またおもしろいです。そんな事してる場合かよっ ! と思いつつ。(笑)

ムーミントロールがスニフと一緒に天文台に、この事を調べに冒険の旅に出かけるのですが、 スノークのお嬢さん (アニメではノンノン) やスナフキンとも、この時に出会うのです。
スナフキンとの出会いの箇所ではびっくらこいちゃいました。ムーミンはカバみたいだけど妖精だと言う事は (ですよね?確か) 知っていたけど、スナフキンは人間のような気がしていましたが・・・・・・以下引用。

 ハーモニカの音がやんで、テントからは、一ぴきのムムリクがあらわれました。みどり色の古ぼけた帽子をかぶって、パイプをくわえています。

これがスナフキンなんですぜ、あーた。ムムリクという生き物なんですね。ムムリクって何だろ。

長くなったので次回につづきます。

   

ムーミン谷の彗星 [DVD]ムーミン谷の彗星 [DVD]
(2006/12/22)
高山みなみ、かないみか 他

商品詳細を見る


クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 児童文学・童話・絵本
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。