スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サド『新ジュスティーヌ』 2006.4.27

悪徳に生きた姉ジュリエットの物語と対をなすこのジュスティーヌの物語は、三つの異本があり、この『新ジュスティーヌ』はその最後の稿にあたる決定版です。
最初の稿である『美徳の不幸』の感想はこちらです~。
『美徳の不幸』と、マルキ・ド・サドの最高傑作ではないかと私は思っている『悪徳の栄え』の間に入るこの物語は、『悪徳の栄え』に近い、楽しいものでした。
『悪徳の栄え』は5回に渡って感想を書いてますので、こちらから飛んでみてくださいね。

『美徳の不幸』、『悪徳の栄え』と違う所は、客観描写になっている点であり、訳者の澁澤龍彦が「再版あとがき」で書いているように、それがサド作品としてはめずらしく、一種のユーモアが生じており、良い効果を出していると思います。

ちと読んでから時間経ってしまって(^^;)、たいした感想も書けず。_| ̄|○ 2箇所程引用して終わります。もう何だか時間におわれて、まともに感想文さえ書けにゃいだよ。

毒舌ぶりを発揮している箇所です。キリスト好きな方はごめんなさい。

詐欺師とぺてん師の典型であり、憎むべき大ぼら吹きであるイエス自身も、霊魂不滅については何も知りませんでした。彼はもっぱら唯物論者として、自説を述べたにすぎません。人間をおびやかすような彼の演説も、人間の肉体に関して語られたものです。けっして彼は、肉体と霊魂を分けたりはしませんでした。しかし、わたしがここで述べようとしていることは、こんなくだらないお伽話の起源を追求したりすることはありません。その愚劣さのすべてをみなさんに証明してみせることこそ、わたしの弁論の唯一の目的なのです。

ここ、会社で読んでいて爆笑しそうになりました。
*食事中、食事前の方はご注意ください。

ジェルナンドは、前に立った二人の少年に身体をあずけるようにして、ぐっと前かがみの姿勢になった。すると、やがて大量の糞があらわれた。いつも大量に食事をとるので、大量に排泄する習慣だったのである。便器を手にしていた少年は、主人の糞が出はじめたらすぐ、これを讃美することを命ぜられていた。「立派な大便でございますね ! 」と少年は叫んだ、「おお、旦那さな、みごとなうんこでございますよ ! さぞよい気持ちでございましょう……」

・・・・・・。
河出文庫 澁澤龍彦訳で読みました。

新ジュスティーヌ (河出文庫)新ジュスティーヌ (河出文庫)
(1987/07)
不明

商品詳細を見る


クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。