スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カポーティ『冷血』その1 2006.4.29

トルーマン・カポーティは、ずーーーっと前に『夜の樹』をどこかで買い、そのまま本棚にほったらかし状態でして (ちょうど今読んでるのですが)、この『冷血』がカポーティ初読です。
ある日、新聞にこの小説の紹介が出てまして、それを読んでから、是非とも読んでみたいと思っていました。
アメリカ中西部の片田舎の農村で、大農場主クラター家の4人が惨殺された事件のノンフィクションです。

いやはや、よくぞここまで細かく調べ上げました。アッパレです。

クラター家、犯人達、刑事達、と、場面が入れ替わり立ち替わり、並行して語られていく手法は、スティーヴン・キングの『IT』加賀乙彦が好んで使っているものですが、これが実に上手いです。

まず、クラター家の人達についてのドラマから始まる訳ですが、彼等がどんな人達だったのか、友人、恋人をまじえて、しっかりと感情的でなく、淡々と冷静に語られている所が、この事件の残虐さが強烈に伝わってくる所だと思います。
ある学校教師の女性のセリフが印象的でした。

「こんどの事件がクラター家以外で起っていたら、みんなは今の半分も興奮しなかったでしょう。あれほどの信望もなく、財産もなく、安定もしていない家に起ったとしたらですわ。でも、あのご一家はこの近所の人々が心から尊重し、尊敬しているあらゆるものの象徴のような存在だったのです。それがあんなことになってしまうなんて----なんといいますか、神は存在しない、と宣言されたようなもんですわ。--後略--」

そして、2人の犯人、それぞれの育ってきた環境、心理状況が、ほんっっとうに細かく描かれていて、心理分析まで出てきて、非常におもしろいです。
作者も、犯人のうちの1人であるペリーに興味を持ったというのが、この小説が書かれた大きな要因だと思うのですが、ペリーという人物に、読者も感情移入させられていきます。
その辺の所は次回から、また引用中心に紹介していきたいと思います。のですが、つづきを書き終わっていなくて、図書館に返さなきゃならないのを優先して書いているので、ちと間あけちゃうかもしれましぇん。書けたら書きます~

 

1家4人惨殺事件はなぜ起きたのか。緻密な取材で犯行のすべてを再現し、絞首台まで事件のすべてを描ききったノンフィクション・ノベルの最高傑作が新訳で蘇る。発刊40年、世界中の作家、ライターに影響を与えた冷酷な犯人の人間像描写を今一度味わうチャンスだ。(松)

カンザスの村で起きた一家四人惨殺事件。五年余を費やして綿密な取材を敢行し、絞首台まで犯人を追った本書は四十年を経た今なお、輝きを放ちつづける。捜査の手法、犯罪者の心理、死刑制度の是非、そして取材者のモラル。人間の魂の暗部を抉りつくし、後進の作家たちに強烈な影響を及ぼした暗黒の教典、待望の新訳成る!


クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。