スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エウリーピデース『ヒッポリュトス』その4 2006.5.15

●男の純潔~?●

ラシーヌの『フェードル』でも、イポリットにただただ同情してしまいますが、この第二作の前半では嫌なやつだったヒッポリュトスも、後半は実に可哀想です。
私がおもしろいと思ったのが、「男の純潔」です。
女嫌いって人は、時々いると思いますが、男が純潔を守り、純潔の美青年として信仰されるというのはが、何ともおもしろい気がしてしまいます。
こんな話もあるそうです。

トロイゼーンの名所旧跡とそれに関する歴史や伝承については、パウサニアース (紀元前二世紀) の『ギリシャ案内記』第二巻三〇節以下に詳しい説明があるが、そのなかにヒッポリュトス伝説に関連するいくつかの興味深い記述が見出される。この町にはヒッポリュトスを祀る社があって、終身職の神官がこれを守り、年々に犠牲を供える。また土地の娘たちは、嫁ぐ日を前に己の髪の毛を切って、社前に捧げる風習がある。

こういう事実を無視して、イポリットに恋人の存在を与えてしまふラシーヌには、をいちょっと待てよ、思ってしまいます。根本を変えたらいかんだろ、と。

読み比べてみる事をオススメしますっっ !



ヒッポリュトス
三島由紀夫のフランス文学講座
フランス文学/男と女と
ラシーヌ、二つの顔
ラシーヌの悲劇

  

クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。