スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘミングウェイ短編集 (二) 2006.5.18

いきなり (二) な訳ですが・・・ヘミングウェイの短編を読もうと思っていて、たまたま図書館に (二) だけあったとゆー訳です。
新潮文庫、大久保康雄訳。
「五万ドル」「十人のインディアン」「贈りもののカナリヤ」「アルプスの牧歌」「追走レース」「身を横たえて」「清潔な明るい店」「世の光」「海の変化」「スイス礼讃」「死者の博物誌」「ワイオミングの葡萄酒」「父と子」「フランシス・マコーマーの短い幸福な生涯」

短編、いいですねー。なかなかピリッとしてると思います。
特に、最後に入っている「フランシス・マコーマーの短い幸福な生涯」なんて、ほんっっとに見事だと思いました。おもしろかった~。構成から何から何まで見事。
ウィルソン、マコーマー、マコーマー夫人、3人それぞれの心理状況が大変おもしろいです。
クールなウィルソンが、泣いてるマコーマー夫人に言うセリフがおもろいのなんのって。

あとは「ワイオミングの葡萄酒」なんて、好きだなー。
「アルプスの牧歌」も、何とも言えない可笑しみがあります。
ヘミングウェイは、ストレートな表現、繰り返しの多用によって、気持ち、痛みがダイレクトに伝わる所が魅力かと思うのですが、こういう笑える短編も良いですねー。
そして、「五万ドル」や「清潔な明るい店」等に見られる、孤独感がまた良いです。
「身を横たえて」を読んで、ヘミングウェイもきっと不眠症だったんだろうな、と思いました。ちと親近感が…

あとがきに、次のようにあります。

彼は、その作品を通じてなにか一つの抽象的な理想を語ろうとする種類の作家ではない。人生について、世界について、何を考えるかと問われるならば、おそらくヘミングウェイは、『清潔な明るい店』の初老の給仕とおなじように「無 (ナダ) 」と答えるだろう。彼の作品の人物たちが、みずからのために一つの掟を選ぶように、彼もまたみずからのために一つのスタイルを選んだのだ。

私は不眠症に共感してしまうのですが、その「清潔な明るい店」の給仕の言葉が印象的でした。

何をおれは恐れているんだろう? いや、恐れているんでも、びくついているんでもない。すっかりおなじみになっている虚無ってやつなんだ。すべてが無なんだ。人間も無なんだ。それだけのことさ。必要なのは光だけだ。それと、ある種の清潔さと秩序だ。虚無のなかに住みながら、まったくそれに気づかないものもいるが、おれは知っている----

次の会話が実に良いです。

「なんになさいますか?」バーテンダーがたずねた。
「無 (ナダ) 」だ」
「また一人気ちがいだ」バーテンダーはそう言って、そっぽを向いた。
「小さいコップでな」給仕は言った。


   

クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。