スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『なつかしく思います』~阿部定に愛された男~ 2006.6.20

森珪という人が書いた『なつかしく思います』という本。
まず、このタイトルは、『阿部定事件』~愛と性の果てに~その6の最後に引用した、公判廷で石田のアルコールづけの陰茎が示されたときに定が言った言葉から来ています。
私は阿部定に興味を持ち、被害者の吉蔵にも興味を覚えたので、とりあえず前回書いた伊佐千尋の『阿部定事件』と、吉蔵の事を書いたと言う、この『なつかしく思います』を購入してみたのですが・・・

なんだか、この人の編み物の趣味だとか、お花見とか晩御飯のおかずとか、この人のカレシの事だとか・・・そんな事ばかり読まされ、(゚Д゚)ハァ?って感じ。立腹させられちゃいました。
1500円も出して購入したんですよ。まさに金返せ状態。
挙げ句の果てには、この人のカレシとのこんな話まで・・・。(-_-;)

三時間近くももつれあっていて、何回か、わけがわからなくなりかけた。
わからない、わからない、わからなく----だって……。
一体何を書いているんだろう。


一体何を書いているんだろう。って・・・こっちが聞きたいよ !
まあ事件も事件な訳ですが、シモネタ中心になっていくので、そして、結構刺激的なので、気に入る方もいるだろうし、後半の「オーガズム」ネタなどは、結構興味深くおもしろいものでありましたが、雑誌の特集程度のおもしろさです。プレイボーイあたりでやっていそうです。

そして、私も吉蔵の写真を見てみたいと思って、サイト中探しまわっても見つからず状態だったのですが、この人も吉蔵の写真探しに追われます。
そして、いくつか見つけてるのに、この本には1つも写真が出ていないんですよ。(-_-;)
見たい気持ちだけが増加し、腹立たしい事この上ないです。
さらに、吉蔵の奥さんや、子供の写真まで入手し、あーだこーだと言ってるんですよ。あーーーもうっっ !
吉蔵の奥さんのトクについてなんて、恐い顔だの、貫禄があるだの、双葉山に似てるだのと言いたい放題。肝心の写真はナシです。

ただ、この人も、私と同じく、「定に殺意はなかった」との見方に疑問を持っており、いろんな人の定援護文を載せて、その疑問を明らかにさせている所は、同感ではありました。

なつかしく思います―阿部定に愛された男なつかしく思います―阿部定に愛された男
(1996/04)
森 珪

商品詳細を見る


クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。