スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『阿部定正伝』その2 2006.6.24

◆包丁の謎◆
私がいまいち理解できないのが、「ふざける為に」包丁を買うという事です。
5月10日に定は包丁を買っています。(殺害が5月18日)
*ちとこの辺の日付けが、書いてある箇所によりずれています。
この日、定が浅草で観た芝居に、出刃包丁を使う場面があったそうです。それを見て自分も出刃包丁を買って、石田にふざけてやろうという気になったそうなのです。
包丁で遊ぶなんて…おっかねーよ。しかも常に酒浸りで酔っぱらっているのだから、過って傷つける恐れ大じゃないっすかっっ。地震が起こったりする恐れだってあるし。
どーもこれが私には謎でして。この時から、頭のどこかに、ち×ぽちょんぎりの発想が、もしかしたらあったのでしょうか。
包丁購入の経過は、以下の通りです。印象的だったので、そのくだりの少し前から引用。

 裁判長----なぜ、石田を誘って家出をしたか。
 定----吉田屋を出る二、三日前、屋外で私と石田がひそひそ話をしていたことがおかみさんに知られ、また板場の人たちからも石田との関係を気づかれ、こうなっては吉田屋にいられないと思い、出かけたのです。
 裁判長----家出をするとき、石田はお前に何と言ったか。
 定----家の女房には少しも愛情が持てない。ただ子供とはどうしても別れられない、と言ってました。
(この後、裁判長は、定が予審で述べている『流連した後、離れ離れになったつらさと、吉蔵の自宅での夫婦生活を想像して嫉妬に狂った』という件を読み上げて)
 裁判長----まったくこんな気持ちだったか。
 定----それどころじゃありません。もっと切ない気持ちでした。
(この定の返答に、一瞬、どよめく傍聴席)
 裁判長----被告は五月九日の夜に明治座で新作『新版艶物語』という芝居を観たか。
 定----観ました。
 裁判長----それはどんな筋だった。
 定----なにか芸者がかわいい男を出刃包丁で殺して、その血で男の姿をふすまに描くところがありました。
 裁判長----それにひどく感動したわけだな。
 定---- (答えず)
 裁判長----お前は五月一一日の晩、下谷区元黒門町五上田という家で出刃包丁を買ったが、それは何にするつもりだったか。
 定----その頃、私は石田と別れていましたから、とにかく石田が別な女など変な真似をしているんだろうから、脅かしてやる考えで出刃を買ったのです。
*注 出刃ではなく牛刀と言う事だったと思うのですが…
 裁判長----殺す気はなかったか。
 定----殺す気はありませんでした。


・・・しかし、包丁でふざける定に、吉蔵も大喜びだったとゆーから、不思議です。
まあ、全ては定の供述からしかわからない事なので、正確な事は未知のままなのですが。(しかも、この定っつー人は、へーきで嘘をつく人な訳でして…)

その3につづきます。
阿部定正伝阿部定正伝
(1998/02/03)
堀ノ内雅一

商品詳細を見る


クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。