スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『阿部定正伝』その5 2006.6.27

◆お定ファン・お定援護の人々◆
『阿部定事件』~愛と性の果てに~その5に書きましたが、竹内金太郎という弁護士には、私はほとほと呆れました。
『週間新潮』(昭和31年10月15日号) の「この事件に誤審あり」という記事で、20年前の裁判を竹内自身が振り返る形で次のように述べています。

 十七日の午前一時頃、お定は吉蔵の上に馬乗りになって首を締めたが、無論殺意があってのことではない。首吊りの一物はかならずボッキしているというが、それは衰えた男の精力に苛立つお定の性的技巧にすぎなかった。--中略--
 十八日の明け方、お定は再び馬乗りになって吉蔵の首を赤い細ひもで締めた。もう疲れ切った吉蔵である。いくら締めても、思うようにならない。力を入れて締めつけているうちに、吉蔵の息が絶えた。お定は吉蔵の苦しむ顔は見ず、もっぱら下腹部の方へ集中していたので、気がつかなかったのである。彼女の異常な愛欲の激しさが、殺意のない殺人を犯させたのであった』


『阿部定事件』~愛と性の果てに~その4の定の供述を読んでみて、判断してくださいませ。私にはどうにも理解できましぇん。

この本には、定と坂口安吾との対談が出ています。ビックリ。
文藝春秋社から創刊された雑誌『座談』の昭和22年の12月号「阿部定・坂口安吾対談 真率なる人生記録 !!  これを読みてエロと思ふ者に恥あれ !!」という記事だそうです。
紹介したいものが多すぎて(^^;)、この対談は泣く泣く割愛しますが (あなたは素晴らしくいい事をしましたとかって事をさかんにゆーてます。人殺しがそんなにいいことなのかと…)、対談後安吾による「阿部定さんの印象」という文章が、これまた???でいっぱいであります。(旧漢字を出すのが大変なので、新漢字で引用します。)

 思ふに、お定さんに変質的なところはないが、相手の吉さんには、いくらかマゾヒズムの傾向があったと思ふ。吉さんは恋の陶酔の中でお定さんにクビをしめてもらうのが嬉しいといふ癖があった。--中略--
 たまたま、どこかの待合で遊んでいるとき、遊びの果てに気づいてみると、吉さんは本当にクビをしめられて死んでいた。ただそれだけの話なのである。
 いつも首をしめられ、その苦闘の中で恋の陶酔を見ている吉さんだから、お定さんも死んだことには気づかなかったに相違なく、--中略-- むしろ、いとしい人が、いとしいいとしいと思ふアゲクの中で、よろこんで死んで行った。定吉一つといふやうな激越な愛情ばかりを無上に思ひつのつたらうと思う。さういふ愛情の激越な感動の果に、世界もいらない、ただ二人だけ、そのアゲク、男の一物を斬りとつて胸にだいて出た、外見は奇妙のやうでも、極めて当りまへ、同感、同情すべき点が多々あるではないか。

 お定さんの刑期は七年だか五年だか、どう考へたつた、長すぎる。僕はせいぜい三ヵ月半か半年、それも執行猶予くらいのところと思つていた。人を殺した、死体に傷をつけた、といつてもどこにも犯罪的な要素は殆どないではないか。純愛一途のせいであり、むしろ可憐ではないか。
 やつぱり時代のギセイであつた。あのセンセーショナルなところが軍人時代に反撥され、良俗に反するからというやうな、よけいな刑期の憂目を見た原因であつたと思う。


さらに驚いたのは、次の、著者・堀之内雅一の言葉です。

ここに文人としての彼の洞察力の深さと明治男の潔いほどの単純さを見せられた思いがするのみだ。

まだつづきます。(^^;) 次回で最終回です。(字数制限が来なければ…)


阿部定正伝阿部定正伝
(1998/02/03)
堀ノ内雅一

商品詳細を見る


クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。