スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『阿部定正伝』その6 2006.6.30

この男どもは、美人で色っぽいお定に参ってしまったのか何なのかわかりませんが、定を庇うあまりなのか、吉蔵が変態でマゾヒストであり、お定はそれの犠牲になったとの見方が、何人にも見られるのです。をいちょっと待てよ、と。
まず、首を締めるという行為、これ、言い出したのは定だそうです。
「男でも、濃厚なのは、女の首を絞めるということだってね」
「うん、そうらしい、のどを締めることはいいんだってね」


そして、定の首を締めてみたものの、「なんだか、お前がかわいそうでイヤだよ」と吉は言うんです。そして逆になり、吉の首を締めてみたら、定は気持ちが良い。吉の方は苦しくて嫌だけど「お前がいいなら少し苦しくても我慢するよ」と言うんですよ。

さて、この吉蔵のどこがマゾで変態なのでしょうか。

出所後の定は、これまた実に波乱万丈で、ちとそれについては割愛させていただきます。
年をとってからの定の写真が、いくつか載っていましたが、年をとってもキレイな人でした。いつもオシャレに気をつかい、ホルモン注射までしていたそうです。
その経歴の中でビックリしたのが、実名で自分の役で舞台出演までしてるのです。
劇作家長田幹彦が主催する劇団で『昭和一代女』の一幕「浮寝鳥」の小料理屋の女中"定"の奮闘記だって。
さらには、映画にもちょこっと出ているんです。
それもですね、ぬわんと石井輝男の『明治・大正・昭和 猟奇女犯罪史』 ! !
ただし、阿部定の役は別の人がやっていて、愛についてしゃべっている姿が少し映されているのだそうです。これ、手に入りまっせ ! ! ↓↓↓




暗黒舞踏団の土方巽は、定を崇拝していたそうです。
嫌がる定を説得して撮らせたこの写真が、阿部定最後の公式写真だとか。昭和44年8月です。雑誌『潮』(昭和44年10月号) に掲載。
「どうしても、阿部定さんと撮りたい。そして、阿部定さんの清らかな魂を自分にも宿らせたい」と熱心に頼んだそうです。

そして、ある時定は、マスコミからも知人からも姿を消しました。生死もわからない状態です。今生きていれば、100才を超えています。
雑誌「女性自身」の取材で、こんなふうに語っていたそうです。

「……でもねえ、この頃、私が考えるのは、死ぬときのことばっかり。私が死ねば、いずれ新聞、雑誌がおもしろ半分、いろいろ書くわよ。
 養老院や貧乏のどん底で死んだら、世間の人は何て言う? 死に際だけは、きれいに死にたい。できれば、だれにも知られず、そっと死にたい。--後略--」


少女の頃の、銭湯のエピソードなんかも好きな話で、書きたかったのですが、長くなりすぎたので、この辺にしておきます。
興味のある方は本を読んでくださいね。

阿部定正伝阿部定正伝
(1998/02/03)
堀ノ内雅一

商品詳細を見る


クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。