スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アドルフ』その3 2006.8.24

この小説は、ある人からある人への手紙で始まり、その返事で終る所が、洒落ています。
以下は、「返事」からの引用です。(手記を読んでの)

もしここに教訓が含まれているとすれば、それは男性に向けられたものです。この手記は、ひとがあんなにも誇りとしているあの才気なるものは、幸福を見いだすにも役だたねば幸福を与えるにも役だたぬことを証明しています。

この先も引用したい所なのですが、小説のラストでもあるので、ネタバレをさけておこうと思います。
この「アドルフ批判」(と私は受け取りました) は、実に実に実に納得のいくものであり、ほんとは全文引用して紹介したいぐらいです。
もうちょっとだけ引用。

かつて一時の悔恨で塞いでやった傷口をまたあけてしまうようなかりそめの憐憫など、私は親切と呼ぶことはできません。

それに私は、なんとか説明がつけばそれで言いわけがたつと思うような自惚れを憎みます。自分のした悪を語りながら自分自身のことばかり気にかけ、自分を描くことによって同情をかち得ると自負し、

・・・とこの辺にしておきます。危ない危ない。

そして、訳者・新庄嘉章によるあとがきが、実に鋭いと思いました。

この小説は、女性の恋愛心理を描写したものというよりは、むしろ、男性の複雑きわまりない利己主義を冷たく鋭く分析したものと見るべきであろう。

「あとがき」の後に出ている、堀江敏幸の「近似値としての恋」というタイトルの文章がまた、この小説の本質をうまく捉えていると思います。

アドルフという男のとらえどころのなさは、究極的に空っぽの心が空っぽのままでいることに耐えられないこらえ性のなさにあって、すでに述べたとおり、恋人は誰でもいいのである。---中略---
 誘惑しなければ自分が満足できず、断られればますますその欲望を募らせ、いったん成就するとたちまち飽きてしまって、今度は火のついた相手を重荷に感じる。いつわりの振り子が左右に振れることはあっても、中央で静止することはない。彼に待ち受けているのは、絶対的な不幸でしかないのである。


 



クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : エッセイ/随筆
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。