スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『戦争と平和』その9 2006.9.30

こちらに書きましたが、マーガレット・ミッチェルは『風と共に去りぬ』を書く際に、この『戦争と平和』の影響を最も強くうけたと言っており、以前から、死ぬ前に1度は読んでおこうと思っていた、この『戦争と平和』を今読んだのは、『風と共に去りぬ』を読んだからと言うのが大きいです。
なので、どうしても比較してしまいますね。
特にスカーレットとナターシャは、比較しつつ読んでしまいます。
ぜんっっぜん性格は違うとも言えるのですが、かなりの共通点も見られます。
スカーレットには、常にレット・バトラーの暖かい目がありましたが、ナターシャにもピエールがいます。
以下のピエールがナターシャに言うセリフは、実に良いなあ、と思いました。

踏み慣れた道から突き落とされたら----それですべてはおしまいだ、とわれわれは考えます。ところが、そこからはじめて新しい、よい道がはじまっているのです。

可愛く細く可憐だったナターシャは、3人の子供を儲け、太って逞しく、乳母が当然のこの時代に母乳で子供を育てます。
その点も、女が仕事をするのが非常識な時代に、バリバリと仕事をして稼いだスカーレットとの共通点が見られました。
次の所なんて、良いですねえ。

「愚かしいわねえ」とふいにナターシャは言った。「蜜月だの、最良の幸福は新婚当時にあるだのと。反対よ、いまがいちばんしあわせだわ。--後略--」

また、同じ戦争ものである『チボー家の人々』も思い出したのですが、私としては、チボー家の方を強くお薦めします。

解説を読むと、トルストイは、放蕩生活にのめりこみ、酒、賭博、ジプシー女に溺れた時期もあったそうで、そんな所はヘッセを思わせられました。
また、ピエールとアンドレイは、どちらもトルストイ自身の自己の投影であるらしく、そこにもヘッセと同様の自己の分裂が見られるかもしれません。

新潮文庫 工藤精一郎・訳で読みました。
戦争と平和(1)改版
戦争と平和(2)改版
戦争と平和(3)改版
戦争と平和(4)改版

こちらの岩波文庫の新訳が、読みやすいと言う評判です。
戦争と平和(1) 戦争と平和(2) 戦争と平和(3) 戦争と平和(4) 戦争と平和(5)
戦争と平和(6)

戦争と平和

クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。