スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『《ドラキュラ公》ヴラド・ツェペシュ』その1 2006.10.28

ブラム・ストーカー原作の『吸血鬼ドラキュラ』のモデルとなった人と言うことは、今では有名ですね。
そして、実際はオスマン=トルコを脅かした、ワラキアの救世主であり英雄だったと言う事も、今ではすっかり有名かもしれません。
ドラキュラ映画をつづけて観たのをきっかけに、この人の事も、もうちょい詳しく知りたいと思い、図書館で探して借りてみました。
『ドラキュラ』 *今日咲いた月下美人の画像も*
『吸血鬼ドラキュラ』
『吸血鬼ノスフェラトゥ』

最初の方は、ヴラド・ツェペシュについての様々な本からの抜粋をザッとしているのですが、どれ1つとっても確実なものはありません。15世紀の話なので、それも当然かもしれませんが、とにかく意図的に事実を曲げた、現実的でない話が多いのです。それは政治的な理由もある訳ですが。(ハンガリーのマチャーシュ・フニャディが、いちばんの犯人)
そして、この捩じ曲げられた話が、おそらく『吸血鬼ドラキュラ』のモデルになったように思います。

50ページを過ぎたあたりから、しばらく歴史のお勉強です。
ヴラドのじいさんミルチャより以前の話からはじまっていて、なかなかヴラドが出て来なくてイライラ感、あまり頭に入らないまま読んでしまって、後でもう1度読みなおしました。(^^;)
オスマン=トルコの勢力の凄まじさ、ハンガリー、モルドヴァ、トランシルヴァニア、ローマ帝国など、周りの国との関係、東方生教徒とカトリック教の対立などの宗教的な事などがよくわかって、おもしろかったです。(昔は不真面目な生徒でろくに勉強せず、テストは一夜漬けだったのを、こーゆー時に後悔するのね…)

『ドラキュラ公』ヴラド・ツェペシュ (叢書 中世異端のコスモロジー)『ドラキュラ公』ヴラド・ツェペシュ (叢書 中世異端のコスモロジー)
(1997/05)
清水 正晴

商品詳細を見る



クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : エッセイ/随筆
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。