スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『《ドラキュラ公》ヴラド・ツェペシュ』その6 2006.11.6

◆吸血鬼ドラキュラ◆

結局、どこが吸血鬼のモデルになったのだろう…という気がした訳ですが、作者もブラム・ストーカーに批判的です。2つほど引用します。

すでにこれまでの説明であきらかなように、ヴラドの事跡あるいは伝承のなかには、ヴラドが串刺しのような残酷な処刑法をしばしばもちいた人物ではあったが、彼が吸血鬼であったとか、あるいは吸血鬼との関連を想起させるようなものはまったくみあたらない。<<吸血鬼ドラキュラ>> というこの奇妙な表現の創始者は、アイルランド生まれのアマチュア小説家である。---中略---しかし土地のひとびとは、吸血鬼とドラキュラとはまったく別個の存在として理解していて、両者を関連づけて考えようとするものは皆無である。このふたつを結びつけて小説の主題としたのは、アイルランド人のブラム・ストーカーである。

 小説『ドラキュラ』は、前半部分にボルゴ峠周辺の印象的な風景描写があったり、ドラキュラ城も幻想味ゆたかに登場するが、ドラキュラ伯爵がロンドンに出現してからは、いわゆる怪奇小説としてのスリルとサスペンスが中心となっていて、歴史上のドラキュラとはなんの関連もないストーリーが展開される。太陽のかがやきのあるあいだは、生まれた故郷の土をいれた棺のなかに身をひそめているが、夜になると蝙蝠に変身するなどして超能力を発揮する吸血鬼は、まったくストーカーの想像力の産物である。
 発売当初はあまり話題にもならなかったこの『ドラキュラ』が、世界じゅうによく知られるようになったのは、いうまでもなくハリウッドで映画化されたことによる。映画化によって多数のファンを獲得したドラキュラは、それ以後は黒いマントに牙のようなながい歯をもったグロテスクなそのスタイルがひとりあるきしてしまい、ドラキュラのイメージを定着させてしまったが、映画の主人公である吸血鬼ドラキュラ伯爵と実在の猛将ヴラド・ドラキュラ公とのあいだには、その名前の一致以外にどのような類似点も存在しない。ひとりのアマチュア小説家のちょっとした筆のすさびが、バルカン半島のちいさな国の独立のために戦いつづけた英雄の事跡をおおいかくし、彼を血ぬられた伝説の世界にぬりこめてしまう。ハンガリー王マチャーシュ・コルヴィヌスの中傷文書も遠くおよばない完璧なパロディの完成であった。


とまあ、大変手厳しいですが、『吸血鬼ドラキュラ』が今も読み継がれているのは、決してハリウッド映画のお陰だけではないはずですし、モデルとなったヴラドとはまるで違う化け物の小説だからと言って、この小説がおもしろい事には違いなく、その価値が下がるとは言えないと思います。(『月と六ペンス』だって、実際のゴーギャン像とはかなり違うって話だし、そんな事はいくらでもあるんでないかと…) それに、小説がおもしろくなかったら、映画化もない訳でして。
ってか、Bストーカーの『吸血鬼ドラキュラ』って1897年刊行でして…ハリウッド映画と言っているのは、ユニバーサルのベラ・ルゴシのですかね…。1931年制作だぜ?駄作ならその前に残ってないんでないかと。

魔人ドラキュラ

創元推理文庫 ブラム・ストーカー『吸血鬼ドラキュラ』

*この人こそ、モノホンの吸血鬼と言えるかも。映画化とかすれば良いのに~!
こちら↓にも出ています。この本ちょーーーオススメ!
世界悪女物語

ストーカーがドラキュラを書いた経過はこちらに、私が割愛した部分も詳しく出ています。

『ドラキュラ公』ヴラド・ツェペシュ (叢書 中世異端のコスモロジー)『ドラキュラ公』ヴラド・ツェペシュ (叢書 中世異端のコスモロジー)
(1997/05)
清水 正晴

商品詳細を見る



クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : エッセイ/随筆
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。