スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョルジュ・バタイユ『文学と悪』●プルースト●カフカ● 2004.12.18

●プルースト●

前半は『ジャン・サントゥイユ』について語られるのだが、これは私は読んでいないし、苦手な政治的な話ばかりで退屈極まりなかったです。

『失われた時を求めて』は、去年から今年にかけて読んでいたので、この小説に出てくる、奇妙で不幸なすごい嫉妬の感情や、全体的なテーマとしてある<<同性愛>>の事など思い出して、後半は楽しく読めました。
ヴァントゥイユ嬢の話などは、誰しもが持っている、人間の中に巣くっている<悪>そのものではないでしょうか。
『失われた…』には、親に対する子の残酷さが随所に出てくるのだけど、私はあの『北の国から』を思い出したのでありました。(笑)

そして、お互いを必要とする相反する関係というコントラストがテーマとなってきます。以下引用。

<<悪は把握可能なものであるようにも思える。しかしそのためには、あくまでも善がその鍵となるのでなければならない。それというのも、善の強烈な光のおかげで、悪の暗闇がますます濃いものとなるのでなければ、悪はもうその魅力をもたないことになるからである。>>

<<黒があるからこそ、ばら色は感受性に強い印象をあたえるだけの価値をもつことになるのではなかろうか。影が光に添うように、不幸が幸福に添うのでなければ、幸福はたちまち無関心の対象とされるだろう。>>

ちょっと関係ないかもしれないけど、私、動物写真家の岩合光昭さんの言葉を思い出したのでした。写真もまさしく光と影のコントラストだから。

<<写真はいいよね、光と影だから、太陽とは切っても切れない関係がある。>>

そして <<真理--と正義と--は、冷静な心を必要とするものだけれども、しかしそれらは、ただ荒々しい人間たちにしか属さないものなのである。>> には、ああ、そうかもしれない、と思いました。

プルースト

●カフカ●

<<彼は、自分の作品を焚刑に処したいという欲望にかられながら生きつづけた、というよりはむしろ、すくなくともその欲望にかられながら死んだのである。>>(本文より)

「自分ののこしたものは是非とも火にくべてもらいたい」と言っていたというカフカ。サドとの共通点に驚きますよね。
また、バタイユは、カフカ作品について、<<まさに燃やされることだけが欠けている諸客体>><<消滅するためにそこにあるのだ。>> と書いています。

カノンの地にはいることができなかったモーゼを例に出し、<<目的という目的は、すべて一様に意味のないものである>> <<モーゼがカナンの地にはいることができなかったのも、彼の生があまりにも短かったからではなく、それこそ人間の生だからである>>と言うのは、なる程カフカ作品の不条理をよく表わしていると思います。

そして、カフカがこんな一文を残しているのは、おもしろいです。

「夜、ひどくおもしろい物語に熱中している少年にむかって、彼だけ読むのをやめて寝に行かなければならないということを、論理的に証明して理解させようとすることは、とてもできないことだろう」。

まさにカフカ文学そのものではないですか!

<<自分がいまそれであるところの無責任な子供のままでいつづけること>>を望んだカフカ。
エミリ・ブロンテの所で書かれた、または、サド、ブレイクにも全く同じ事が言えると思える<<子どもらしさ>>がまたここで出てくるのであります。

また、カフカは、『日記』にこんなおもしろい事を書いています。

<<わたしが満足を味わっていた時分には、わたしは、不満を味わいたいと思っていた。そして、自分の自由になる同時代の、また昔からのあらゆる手段を用いて、がむしゃらに不満のなかに突き入ろうとした。ところが、いまでは、はじめの頃の状態に復帰することができたらと思うのだ。--中略-- わたしの精神的な失権は、実は意識的にそうしたのだが、子供らしいひとつのたわむれからはじまったのである。たとえば、顔の筋の痙攣をよそおってみるとか、両手を頭のうしろに組んだままあるいてみるとか、まったく唾棄すべき子供らしさだが、それはそれなりに成功したのだ。--後略-->>

そして、カフカの短編『死刑宣告』の青年の自殺の場面の描写は、くらくらする程美しい。

「彼は、門からとび出し、電車路線をこえ、川の方へと、どうしようもない力に押されて行った。そして、まるで飢えたひとが食物にとびつくようにして、すでに欄干にとりついていた。彼は、少年の頃には親たちの自慢のたねだった持ち前の身軽な体操家の身ごなしで、手すりをとびこえた。それでも彼はまだしばらくのあいだ、だんだんと力のぬけてゆくのを感じる片方の手でつかまりながら、手すりの棒のあいだから、自分の落ちる音を簡単に消してくれそうなバスがくるのをうかがっていたが、低く『なつかしいお父さん、お母さん、それでもぼくは、いつもあなたがたを愛していたんですよ』と叫ぶなり、虚空のなかに落ちてゆくのにまかせた。
 その瞬間に、橋の上には、文字どおりに雑踏をきわめた車馬の往来があった」。


そしてカフカ自身、敬虔なマックス・ブロートにむかって、こう言ってるのです。

「きみは、この最後の文章がなにを意味するか、知っているかい。ぼくはこれを書きながら、猛烈な射精のことを考えたんだよ」

カフカ



クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。