スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラム・ストーカー『吸血鬼ドラキュラ』その5 2006.11.15

前回のヴァン・ヘルシングの風貌に、にゃるほど~、コッポラの『ドラキュラ』が原作に忠実だと言われるのは、この辺もあるのか、とおもしろく読みつつ…次のジョナサン・ハーカーの日記からの引用を、読んでみてください。

 ただ一つ、自分はそのとき心に決したことがあった。それは、もしその結果、ミナがどうしても吸血鬼だということがわかれば、私は彼女を、未知の恐ろしい国へぜったいにひとりではやらないということだ。

たとえ地獄の果てまでも…というやつでしょうか。なんという強い愛なのでしょう。
ミナも、あくまでもジョナサン一筋ですし、ミナとドラキュラの愛なんて話は、全く出て来ないと言って良いと思うのです。やっぱしコッポラの『ドラキュラ』は、原作とは完全に異質のものである、と思います。

そして、この2人の愛、ドラキュラを追いかける、ハーカー、ミナ、ヘルシング、セワード、アーサー、モリスの6人の友情の話でもあると思います。

時々哲学的な発言をする、ヴァン・ヘルシング教授の、次の言葉を引用して終わりたいと思います。

人間というやつは、みなどのみち狂人なのさ。


吸血鬼ドラキュラ (創元推理文庫)吸血鬼ドラキュラ (創元推理文庫)
(1971/04)
ブラム ストーカー

商品詳細を見る



クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。