スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョルジュ・バタイユ『文学と悪』●ジュネ● 2004.12.19

これもサルトルの『聖ジュネ』に対するバタイユ評です。
『聖ジュネ』は読もうと思って、ず~~っと前に購入したんだけど・・・長いんで、後回しにしたまま、ずっと後回しになってます。(汗)
んで、これは、バタイユったら、皮肉たっぷりにサルトルをコケにしていて笑えます。
例えばこの辺。

<<知的制覇を確信しているサルトルは、この『聖ジュネ』を発表することによって、ついに彼の本心をさらけ出してみせるような作品を書いたことになる。それというのも、彼の諸欠点が、これほど顕著にあらわれたことはいままでになかったからである。>>

<<わたしは、このいつ果てるともしれない論文を、当世のもっとも豊饒な作品のひとつと見るだけでなく、さらに、サルトルの最高傑作とも見なしたい。それというのも、彼はこれくらいはめをはずした作品を書いたことはなかったし、また、これほどひどく思想の日常の徹 ensablement からはみ出した作品を書いたこともなかったからである。>>

とまあ、随所に出てくる皮肉がなかなかおもろいっす。 『聖ジュネ』も読まなきゃね。
私サルトルの小説好きなんですが、政治活動に取り組んでからのサルトルはよくわからんっつー所があります。カミュとの闘争もありましたし・・・
サルトルは、セリーヌにも痛烈にコケにされてますね。

私、以前こちらに、ジュネの読者を突き放す書き方について書きましたが、バタイユは<<霊的交通>>という言葉を使い、繰り返しこれについて書いています。
そして「文学とは霊的交通 communication である」とさえ言いきってしまいます。

<<サルトルは、かなり独善的に、祝聖式的もしくは詩的な霊的交通の一形態を語って、そこでは、列席者もしくは読者が「事物にかえられてゆくのを感ずる」と言っている。>>

とバタイユは書いているのですが、この「読者の事物化」とは、作者に否定される事によって感じると言う事なのでしょうか? 私はジュネを読んだ時に、そういう感覚には陥りませんでした。それはサルトルよりは客観的に読んだという事なのかもしれないのですが。
まあ、そもそも物語に入り込まなければ、読書の楽しみが損なわれる、半減する、という事もそれほどないと思います。
是非こちらを読んでみて頂きたいのですが、自分にとっては、そういうジュネの書き方は、斬新でおもしろいとさえ思いました。ジュネ作品のいい所だとさえ思えます。
ところがバタイユは、この <<霊的交通>> に執拗にこだわっているようで、<<成功の衣装に飾られてはいるものの、やはりひとつの失敗でしかなかった>> だとか、<<ジュネの作品とは、猜疑心のつよいひとりの男の喧噪でしかない>> 等と書いているのには、賛成しかねます。

<<文学のたわむれが霊的交通を前提とするものであるからには、このとらえることのできない霊的交通は、なんとしても不快の感情をのこすのであり、もの足りない思いにさそわれるままに、当然わたしたちは、真正の霊的交通にほかならない電光の意識の方へと、さしむけられるのである。>>

<<霊的交通を拒否したために、ジュネは、志高の瞬間にまでは到達しえないことになる--ものその瞬間にまで到達することができたなら、いくら彼でも、孤立した存在--もしくは、サルトルのいうように短く「存在」 etre --への彼の執着に、すべてを還元しようとすることはやめただろうに。>>

う~~ん・・・ちと私にはわからないっす。



*その後『聖ジュネ』読みましたが、工エエェェ(´д`)ェェエエ工 それは違うんでねーの? ってな所が多かったよーな記憶が。



クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。