スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美輪明宏『ああ正負の法則』その4 2006.12.4

「男らしさ、女らしさ」に関しても、正負の法則があるみたいです。以下引用。

 男性があんまり男らしすぎると、神経がチリチリして、被害妄想になり、臆病で神経質、劣等感が強いというふうになってしまいます。また、女っぽい男性は図々しくて、厚かましくて、「矢でも鉄砲でも持って来い」と、いうふうになってしまいます。私のように。

こういう文を目にすると、美輪さんが「男らしさ」について思う時に、常に三島由紀夫が頭にあるんじゃないかな、と思います。
それはさておき、オバタリアン(←死語?) なんて、女性の部分丸出しだから、ああなる、と書かれています。もともと女性というのは強くて世にはばかる生き物ですから。と。あれは <女100パーセント> の姿ですって。また引用です。

 やはり女性も、男性のひ弱な、繊細な部分、ちょっとコンプレックスを持っているようなおずおずとしたところと、女の図太さ、生命力の強さ、神経の太いところ、度胸のすわっているところ、その両方を、ほどほどに兼ね備えるように意識して、努力しないといけません。

ハイ、気をつけます。
「男と女」の定義に関しては、是非『人生ノート』の感想のこちらをご覧くださいませ。


ああ正負の法則ああ正負の法則
(2002/04)
美輪 明宏

商品詳細を見る



クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : エッセイ/随筆
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。