スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『きものの花咲くころ』その三 2007.1.5

「ショールの流行さまざま」というページ。
記事に出ているような動物の足とか付いてるやつがうちにあります。ちとアレはひょえ~って感じなんですが。(^^;)
1921年11月号掲載の、ショール選びのアドバイスが、ショールに限らず何に対しても言える大切な事だと思いました。以下引用。

「ショールは着物との配合調和は申すまでもありませんが、もっと考えることは髪型との調和であろうと思います。日本髪のすらりとした襟元に、毛織のあつい大きなショールは甚だ不格好ですが、分け前髪の束髪などには大変調和するものです。このように、店に飾ってあって美しいからと、色や模様に心を惹かれず、先ず自分自身を本位にして自分に調和するものを選ぶことが大切であります」

履き物のアドバイスもありましたので、ちょっと引用します。

 ところで、履き物は何と調和させるのが正解だろうか。「きものと同系色の濃い色が足もとを引き締めてくれる」(1970年3月号)、または「鼻緒は裾廻しや帯締めの色に合わせると素敵」(1973年11月号)。どちらも、是非参考に。

宇野千代デザインの雨ゴートなんてのが、3種類出てましたが、ほんっっとにオシャレで素敵です。特に一番右。何故か昔の方がオシャレなデザインが多い気がします。


きものの花咲くころきものの花咲くころ
(2006/09/13)
田中 敦子

商品詳細を見る


クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : オススメ本!!
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。