スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島崎藤村『破戒』 2007.2.28

昔『橋のない川』を途中まで読み、島崎藤村の『破戒』については繰り返し言及されていたので、いつか読もうと思ったまま年月が経ってしまったのですが、この前映画『破戒』を最初の方だけ観て、ちょうど次の日読む本を何にしようかと思っていた時だったので、そうだ、『破戒』を読もう!って訳で、ずーーーっと本棚に入ったままだったこの本を読んでみる事にしました。
ちなみに、何故『橋のない川』が途中までだったかというと、確か図書館でいつまで経っても次の巻がなかったとか、そんな理由だったと思います。コレも再び最初から、全部読みたいです。

そんな訳で、『橋のない川』を思い出したりしながら読んだのですが、『橋のない川』があまりにも可哀想すぎて、これなんてまだマシだなあ、なんて思ってしまいました。
とにかく暗い!という印象です。どうにもならない事をうじうじ考え込む事ほどムダな事はない、と思ってしまふのですが。
しかし、こうならざるを得ないのかもしれません。私などにも頭では理解できたつもりでも、心情的にはどうしてもわからない悩みがあるのだと思います。
「部落差別」そのもの事態、どうしても理解できないんですよね。祖先がエタだったから差別されるっつーのが。
人というのは、どうにかして自分より下の者をつくって安心したい心理があるようです。

うじうじと実に暗い丑松ですが、彼は見事打開します。
部落民である事を告白した時は、霧が晴れたようにパーッと明るい気分になりました。
実際は、あのように土下座をして謝らなければならなかった訳ですが、それすら私には、潔く感じました。(大方の意見はこれと逆のようですが…)
それまでは「隠しておいた方がいいよー」と思いつつ、あの告白に、読者の私の気分まで晴れたのだから、おもしろいです。
告白してからの、特に子供たちの、そして友人の銀之助や恋する志保、周りの人達の、全く彼に対しての見方を変える事のない、暖かい態度にホッとしました。
それまで誠実に生きてきた丑松の人間性が、エタと知れたところで、何も変わらないのです。
丑松は世間の偏見をなくす第一歩になれたのではないでしょうか。
悲しく暗い小説に、パーッと光がさした感じがしました。

橋のない川


  

クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。