スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きくちいま『着物がくれるとびきりの毎日』その1 2007.3.22

きくちいま本も4冊目になると、重複する所もちらほら出てきますが、それでも参考になる事が出ていたりするので流石です!
これ、タイトルがとっっても良いですよね!

◆コーディネート◆
着物にハマる原因のひとつがコーディネートのおもしろさだと思うのですが、無地や地味めの縞や格子柄などって、初心者はあまり選ばないかもしれませんが、そういうのが帯や小物を合わせるのに、合わせやすくおもしろいんだな、と最近気付きました。
きくちいまさんは、好きなコーディネートは、「きものをシンプルにして帯で遊ぶ」、または、「きものと帯をシンプルにして半えりなどの小物で遊ぶ」。これって洋服でいうと、シンプルなワンピースにこったアクセサリーを組み合わせるスタイルに似ていると思います。と書かれていまして、にゃるほど!って感じでした。
どっちにしても着物はシンプルなのね・・・。

◆夏の工夫◆
へちまを帯枕に使うってのは、以前読んだ本にもありましたが、帯枕の代わりに冷蔵庫に入っていたお魚用の保冷剤を使いました。だって!
ちと私なんぞは冷えすぎてしまいそうですが。(^^;)

◆ゆかたの選び方◆
選ぶときは、最初に目に入った好きな色のものと、逆に絶対に着ないだろうなという色のものを試着してみると、意外な発見があるかもしれません。だって!にゃるほど。
浴衣は自分の場合、やはり紺系に拘ってしまふのですが。

次回につづきます。
こちらも是非~→きものにハマる

 

クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。