スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エミリー・ブロンテ『嵐が丘』 2005.1.12

バタイユの『文学と悪』をきっかけに読み始めた『嵐が丘』
ヒースクリフとキャサリンの魅力にやられてます~。
ちとクサい事言っちゃうと、悪党ヒースクリフは、一生涯一人の人を強く愛したんです。物凄く確かな愛。この同じ魂を持つ者同士の愛は、単なる男女の恋愛を超えた、物凄く強い愛だと思いました。素敵です。

この小説は、恋愛だけでなく、例えば、ガルシア=マルケスの『百年の孤独』のような、何代かに渡る物語の魅力もあるし、(しかも親の名前を子につけるとゆーややこしさも…『百年の孤独』のややこしさには遠く及びませんが。) 物語の構成の見事さ、映像的な描写、リントン家、アーンショウ家との対比などなど、もうとにかくあらゆる魅力がつまっているんです。



ぐいぐいと惹き付けられて読めちゃいます。
これ、1847年に書かれてるんですよ。すごい。すごすぎる。訳者も書いてますが、

<<すぐれた古典は古びないというが、『嵐が丘』という小説は不朽であるどころか、時代とともにますます新しくなっている。>>

は、まさにその通り。

ココで私、ヘッセの『デミアン』を引用したんですが、ヒースクリフが好きになれたら、ヘッセの『荒野のおおかみ』もイケるかもしれません。
アウトサイダー的な魅力も自分にはとても強く感じられました。


 

あと、ジョウゼフも好きですね~。(笑)

これもまた長くなりそうなんで、詳しい感想は後日(多分明日) 書きたいと思いますです。

ちなみに、新潮文庫、鴻巣友季子・訳で読みました。1963年生まれの若い方ですね。2003年の訳なので新しいです。違和感なく読みやすかったです。



クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。