スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏目漱石『門』その1 2007.6.1

この『門』は、『三四郎』『それから』につづく三部作という事なのですが、これを呼んで腑に落ちました。
つまらないと思った『それから』( 感想こちら ) も、この『門』を読んで、意味のあるものになりました。
最初の方では、御米の言葉使いがどうにも好きになれなかったりしたのですが、そんな御米の苦しみも、宗助の苦しみも理解でき (と言うと、何か陳腐な言い方ですが・・・)、それは=漱石の苦しみだったんだなあ、としみじみ思い、『それから』を読んでいたからこその <業> の意味もわかり、『門』は良かったです。好きな小説になりました。
そして、ラストの方を読んで、そうか!『三四郎』との関連は、「ストレイシープ」と言う事なんだ、きっと!と靄が晴れた気分でした。(*注 決して読後感スッキリな小説ではありません。)
漱石自身も体験された「禅の修行」での、こんな1文も、それを示していると思います。

彼は直截に生活の葛藤を切り払うつもりで、かえって迂闊に山の中へ迷い込んだ愚物であった。

よく感想を書く前に、某密林.comのレビューを見てみたりするのですが、時々すんごい優秀なもので出会ってビックリする事があります。この『門』のレビューも素晴らしいものがいくつかありました。もう私なんぞが何も書く事はないな、と思わされるような。
高い評価のものも、低い評価のものも、なるほど、と思わされるものがありました。
短い文章で実に簡潔に書かれていたりします。
どーも自分などは、量は相当読んでいるわりには、文章力がついていってないような気がするのですが、と言うか、落ちてる気がするのですが (涙)、まあ、良くも悪くも、感覚的、感情的 (←うまい言葉が思いつかないんだけど、熱くなって書いてるとゆー意味ではないんです~~) にしか書けない人間なのかなあ。

次回、例によって(^^;)、いくつか引用して終わります。



クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。