スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〈映画の見方〉がわかる本 その6『ロッキー』 2007.7.24

◆ロッキー◆


まさかこのブログで「ロッキー」を話題にするとは!(≧▽≦)まずは引用です。

「世の中は不条理である」と知るのは、「神様はいない」という事実を認識するのと同じである。そこからヨーロッパでは「近代」が始まったのだが、ピューリタンの国アメリカでは六〇年代終わりにようやく、そのことに気がついた。つまり六〇年代とはアメリカという国にとっての「思春期」であり、「カウンター・カルチャー」や「ニューシネマ」はアメリカという国が大人になるための「通過儀礼」だったのだ。
 しかし通過儀礼である以上、終わりがある。いつまでも挫折感というナルシシズムに浸っているわけにはいかない。憎むべき大人に自分もなるときが来る。
 ヒッピーは髪を切り、ネクタイを締めて就職し、ヤッピーになった。ドラッグは心を解放する薬ではなくギャングの資金源になった。ロックは巨大産業になり、若者の不満を利用して肥え太った。そして映画にも反動が来る。『ロッキー』(七六年) という名の。


『ロッキー』は低予算で、とことん節約して作られた映画だと言う事が、この本を読むとわかります。
うだつの上がらない売れない俳優のスタローンが、俺はこのままクズのまま生きていくのか、との思いから『ロッキー』が生まれた経過などが、良くわかります。
制作費が低い中を工夫してつくる方が、モノホンのリアルさの出た作品が生まれるんですよね。以下引用です。

 バラバラだった人々の心をつないでいくロッキー。彼は今朝も「友愛の街」を駆ける。市場を走り抜ける彼に労働者の一人が「がんばれよ!」とリンゴを投げる。これは演出ではない。ステディカムによる極小規模の撮影機材、それにスタローンがまったく無名だったせいで、映画の撮影には見えず、本当に地元のボクサーだと思われたのだ。

その点は好きなのですが、功罪も結構大きかったかも。

『JAWS / ジョーズ』『ロッキー』『スター・ウォーズ』は、七五年、七六年、七七年にそれぞれ映画史上の記録を塗り替えるほどの凄まじいヒットとなった。そして、この成功で家族そろって楽しめる娯楽映画路線が蘇り、映画産業は経済的にも精神的にも立ち直った。
 それは「ニューシネマ」の終わりでもあった。


にゃるほど。ハリウッドは、このあたりから、再びつまらんものに変貌していったわけです。
セックス・ピストルズ時代のジョン・ロットンに言わせれば「ナイスな時代に逆戻りさ」って訳ですね。
しかし、作者も書いているように、『ロッキー』が素晴らしい映画である事にはかわりはありません。

 

クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : エッセイ/随筆
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。