スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『高慢と偏見』その1 2007.8.31

映画がとてもおもしろかったので、これは是非とも原作を読んでみようと思い、岩波文庫で読みました。
映画はこちら。↓ 映画の感想はこちらです。




正直申しまして、映画の方がずーーっと面白かったです。(^^;)
まあ、本が先か、映画が先かで、感想が全く変わってしまう恐れもありまして、この辺は実に難しいのでありますが、映画のようにぐいぐいと惹き付けられるという事はなく、ちょっとまどろっこしかったりしました。
理屈っぽさもちょっと強いような・・・。
まあしかし、この原作あっての映画なのでして。ってか、最近このパターンが多く、先に読むべきか観るべきか、迷う所であります。(映画を観ておもしろかったから読んでみようというのが続いたので、しかたがないのですが。)

しかし、大方の男性が好む女性というのは、ちょっと馬鹿でカワイイというのが典型として存在するかと思うのですが、この小説の主人公エリザベスは、美人ではないが瞳が美しく魅力的で、頭が良く理屈っぽいという所が、この時代としては斬新なのではないでしょうか。
このキャラは私、大好きです。
そして、ちゃんとそれにふさわしい、頭の良いイイ男が彼女に惚れる訳ですね。

5人姉妹それぞれのキャラも、結構おもしろくて良く出来てます。
誰も悪い人とは思いたくない姉ジェーンの性格には、ちとイラつきましたが…。
そして、その父母のキャラがまた良いですね!
リディアとキッティは母親クリソツな感じです。
またまた例によって、次回引用です。(^^;)



クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。