スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『フリッカー、あるいは映画の魔』その4 2007.9.20

◆クラカウアー◆

以下の、ドイツ映画とヒトラー政権を結びつける文には、にゃるほど~~でした。

 クラカウアーがすぐれているのは、ヒトラー時代のドイツが映画によって狂気に駆りたてられたという着想にある。第一次大戦後、敗北で茫然自失したあの国には、深く傷ついた精神の空白に影響をおよぼす映画が無数のウイルスよろしく満ちあふれていた。すべては狂気と殺人を描いて、正常と異常の境界を理路整然と拭い去った『カリガリ博士』にはじまる。純粋芸術として世界的に絶賛されたこの映画は、食屍鬼や黒魔術師、吸血鬼などが登場する精神病理的なレパートリーとともに、ドイツの無意識に深く浸透していった。この時代のドイツ映画はなによりも催眠術に憑かれていた。無力な人びとを催眠にかけて、いまわしい行為に駆りたてる狂った医師や犯罪組織のボスが跳梁をほしいままにする物語が執拗に繰りかえしスクリーンに映しだされた。クラカウアー教授はこれをナチズムの明らかな予兆だと分析した。この種の映画が倒錯した権力のイメージで国家の魂を腐敗させ、やがては邪悪な催眠術師カリガリのように一般大衆を呪縛して、ゾンビそこのけの殺人軍隊に変えてしまうあの総統があらわれたのだった。

この人は実在の人のようです。『カリガリからヒトラーへ』という本が紹介されてました。



 

◆ソドムの市◆

クレアとエディ・アンジェロッティの会話が大変おもしろかったです。

エディは『ソドムの市』を「まぎれもない反ファシスト宣言』だとみなし、クレアはその意見に激しく噛みついていた。「それはちがう。ファシストたちはきっと喝采するはずよ。あの作品はファシズムへの公然たる屈服、残虐の美学にほかならないわ。しかもカール・オーフの音楽なんて。『ソドムの市』はブーヒェンヴァルト強制収容所の将校クラブでもロングラン上映されたでしょうよ」
「しかし、あの映画はあくまで……」エディが反撃した。「フォルマリズム的厳密さで計算され、すべてを客体化して突き放しているよ」
 クレアは一蹴した。「よしてよ、エディ! 野獣どもにいくらその正体を提示してみせても、やつらを打ち負かすことはできないわ。客体化なんてとんでもない。ファシストたちは自分の正体を誇りにしている。彼らはなによりも自分を愛してる。それがサディズムの臆面もない本質なの。『ソドムの市』のような映画はわれわれの内なる彼らの同類を甘やかすだけだわ。ファシズムに対抗する唯一の手段は彼らとまったく無縁なものを繰りかえし提示すること。人生の歓び、愛、無垢な心、そして『雨に歌えば』。あれこそ究極の反ファシスト映画よ」




パゾリーニいろいろ書いてます。

  

クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。