スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【本】パゾリーニ『テオレマ』その1 2005.1.28

映画評はこちら

この奇妙な、小説ともシナリオとも言い難い書きもの、ピエル・パオロ・パゾリーニの『テオレマ<定理>』は、映画の原作かと思いきや・・・こりゃ、最初からキャスト想定してねーか・・・とか思いつつ読んでいたら・・・映画の撮影と併行して書き進められたものだそうです。納得。

映画の進行通りに書いてあるのではなく、構成としても、映画では最初に入ってる部分がラストに来てたりして、なかなかおもろいっす。
又、間に挿入される詩のようなもの ( 作者自身、これを<<詩>>と称してなく、訳者が解説で書いている所の「エセ韻文体散文」) が、なかなかの効果をあげています。

ブルジョア家庭の父パオロが、青年にトルストイの『イヴァン・イリッチの死』を読んでもらう所があるんですが、これに出てくる百姓のゲラーシムと、テレンス・スタンプ演じる青年との見事な一致がおもしろいです。

それぞれの独白がこんな感じで書かれていて・・・

<<貴方ガイラッシャルマデ、私ハタダノ普通 (のおまる) ナ
---御免ナサイネ、コノ際限ノナイ言葉ヲ---人タチト暮ラシテ来タノ。
デモ私ハソウジャナカッタノ。私ハ自分デ自分ヲ保護シ
(ソシテ保護サレ) 、コウシテ自分ノツライ
階級病ノ徴候ヲ隠シテイナケレバナラナカッタノ。>>

<<ドウヤッテアンナ空虚ノ中デ生キテイラレタノカシラ? デモ
生キテイタワ。シカモ、ソノ空虚ト言ッタラ、知ラナイウチニ、
月並ミナコトデイッパイダッタンダワ。ツマリ、
救イガタイ精神ノ醜悪サヨ。>>

作者も誰の独白か書いてないのですが…前者は長女オデッタ、後者は母ルチア。
最後には青年のが来るんですよ。
「下層プロレタリアートと神の共謀」と題して。

そして1968年の記述も。
(1968年について、今迄いろいろ考え書いてきました。是非こちらも御覧ください。)

<<一九六八年の若者たちは何を語るのだろうか---
野蛮な髪の毛をして、どことなく軍隊調の
ウィンザー・スタイルの服で、ぼくに似た不幸な体を覆い---
文学、美術を語るのでなければ? そしてこういうことに
何の意味があるだろう---プチ・ブルジョアの
最も隠微な奥底からあの皆殺しのにむかって
祈願するのでなければ---今一度、あの三十八年のときよりも
さらに重大な事態で彼ら自身を罰してくれるようにと。
ただわれわれブルジョアだけにギャングの振舞いができるのだ、
マルクスをひきずりおろして、蚤の市じこみの服を着こんだ
技師が技師にむかって咆えたたえるだけのことしかできないのだ。
まさに同胞相搏つ争い。
齢十六にも達せず、百姓の服を着て、
ほんとうにやつれ死んでしまうものこそ、
恐らくは、たった一人の正しい人間だろう。
ほかのやつらは互いに相手の咽喉を掻き切っている。>>

引用したいと思うとどうしても長くなっちゃいますね・・・
つづきは明日書きます。





クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。