スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュネ『花のノートルダム』その1 2005.2.3

*ネタバレあります*

これの前に詩編がありますが、小説としての処女作だそうです。
んでこの小説は・・・兎に角わかりにくいことこの上ない!

<<すでにお気づきと思いますが、私は、ディヴィーヌの肩には、真偽の差こそあれ、結局自分の運命を、ときにはボロのように、ときには宮廷服のように着せかけているにすぎないのです>>

と書かれているように、主人公であるディヴィーヌはジュネ自身の投影であるのだけど、しかし、語り手である「私」も別にいたりするし…はたまた訳者のあとがきによれば、<<主人公ディヴィーヌはもとより、登場人物のほとんど全部に、作者ジュネの経歴が、心の姿が宿されている。>>そうです。
それだけではないんです。
<おかま>であるディヴィーヌは<彼女>と称され、ディヴィーヌの少年時代であるキュラフロアは<彼>なんですよね~。この辺のややこしさは次第に慣れるにしても、行替えもナシでいきなり違う話に移ってたりするのには閉口しました。

<<ジュネは監守の目を盗んで、この長大編を、囚人作業の袋貼り用に渡される、紙をくすねてその上に書きつづった>>

と、あとがきにもあるので、そういう情況で書かれたものだと考えればやむを得ないのかもしれません。しかし

<<私の話は複雑になり、こんぐらがってきました。まるで幼児のたわごとだという読者のそしりも聞こえてきます。たしかにこれは幼児のたわごとです。囚人はみんな幼児です。そして幼児だけが、くだくだしく、まだるっこしく、そのくせ明快で曖昧な口をきく術を知っています>>

との本文中の記述から、訳者はジュネがわざとくだくだしく、まだるっこしく書いていると判断しているのだけど・・・う~~~ん・・・後半の抽象的な所など、そうも言える部分もあるにはあるのですが。

元々がこう読みにくい小説である上、訳が堀口大學なもんだから、この読みにくさと言ったら拷問ですよ!
難解とかそーゆーのならイイんです。そーゆーたぐいではなく、ただただわかりにくい。読みにくい。
終いにゃとっとと読み終りたいとの気持ちで、文章を目で追うだけとゆー最悪な読み方になってました。(-_-;)

挫折しそうになりつつも、ジュネの自伝的処女作であるし、ジュネ作品の中でもわりに重要な位置にあるとも思ったのと、サルトルの『聖ジュネ』を読む準備の為、どーにかこーにか読み終えたという訳です。
小説としては、はっきし言って、失敗作ではないでしょうか。

とは言え、ジュネの分身であるディヴィーヌの母性的きどりのないやさしさは、他のジュネ作品とは異質のおもしろさがありました。
もしや、あのディヴァインって、ここから名前とったんでしょか?
英語読みでおそらく「ディヴァイン」だと思うんですが。

  

ちなみに、あの恐い恐い『ソドムの市』でのうんこのレシピは高級チョコレート&マーマレードで大変美味に頂いているらしいのですが、ディヴァインの方は『ピンク・フラミンゴ』 でモノホン食ってますからね。(食事中の方ゴメンナサイ)



(『花のノートルダム』にもどり) そのディヴィーヌは、汚物にまみれて死ぬのですが (この辺抽象的です) サルトルの『聖ジュネ』のp.15 に

<<生まれたときから彼は、愛されぬ存在、都合の悪いもの、余計な人間なのだ。彼の存在までも望ましからざるものである彼は、この女の息子なのではなく、その排泄物なのだ。だからジュネは将来、じつに執拗に、被虐的なよろこびをもって、自己を汚物に、屑の産物に比較するであろう。>>

なんて表記もあって、このラストシーンはそういう事なのかな~とか思いました。

またまた長くなりました。つづきは明日か明後日の日記で。



クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。