スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュネ『花のノートルダム』その2 2005.2.6

ちと間があいてしまいましたがこれのつづきです。

ジュネについては、こちらから飛んでいただいたり、バタイユの『文学と悪』のジュネの所も是非見ていただきたいんですが、繰り返し書いてきたように、ジュネ作品の特徴として、読者を「あなたがた」と呼び、突き放す書き方があります。
しかし、この、小説としての処女作『花のノートルダム』では、逆に読者に語りかけ、読者と繋がりを持ちたい気持ちまでも、私には感じられました。
例えば次のような記述です。

<<どんなに犠牲を払っても、私は自分の身の上に戻って、もっと直接的な方法で、打明けた話をしなければいけないのです。この小説を、私は、自分の囚人生活の、置換えを、昇華を、材料にして、作りあげようと思いたったのでしたが、いまのいままでは、私の執念をを、少しも語らずに終るのではないかと、気になります。骨の出るほど、肉を削り落した文章をとは、心がけていますが、私は読者に、自分の独房の奥深いところから、花を、雪白のパンティを、空色のリボンを、美しく添えた小説がお届けしたいのです。私にとって、これ以上に楽しい時間つぶしはないからです。>> 

<<いまディヴィーヌが、三十以上の年齢になっているとう事実を、なんと作者は、ここで説明したらよろしいでしょう? とにかく彼女を、私と同年にする必要があるのです、そうすることで、私の自己を語りたいこの欲求を、鎮めると同時に、せめて読者の一人が、私を感じてくれはしないか、ためしてみたいと思うのです! >>

あらゆる悪の限りをつくしてきたジュネも、殺人だけはしていないのでした。そして、殺人を犯し処刑される男達を神聖化し、繰り返し書いています。次の記述など、ジュネの美学がよく表れてると思います。

<<私は殺人がしてみたいのです。これは先にも一度言ったことです、それも老人などではなく、亜麻色髪の美少年が殺してみたいのです。理由は、殺人犯と被害者とを結びつける、この言葉の絆のおかげで ( なにしろ一方は他方の恩恵によって、存在するわけですから )、自分が、夜となく昼となく、絶望的な悒鬱に呻吟したり、幽霊屋敷のように美貌の幽霊に見舞われたりがしたいと思うからです。>>

そして、私が好きだな、と思った場面がありました。キュラフロアの手作りの灰色のヴァイロリンです。
ジュネの実話なのかどうかわかりませんが、絵本の厚紙表紙と、箒の柄のきれはしと、四本の白い木綿糸を弦にしてつくった灰色のヴァイオリンの話です。

<<製作中に味わった、背中に吐きかけられた痰の緑色の汚辱よりも、なおいっそう激しい、あの侮辱をいままた感じるのでした。それは、ぺちゃんこな、灰色のヴァイオリンでした、長さと幅だけで、厚さのまるでないヴァイオリンでした。響板と柄の上を、四筋の白糸が、幾何学的に、むやみにきっばり走っている、ヴァイオリンの幽霊でした。弓は、彼が自分で、樹皮をとり去った、胡桃の枝でした。>>

*ゴダールカラーで引用してみました。(笑)



クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。