スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『今日も映画日和(和田誠 川本三郎 瀬戸川猛資)』その3 2008.1.20

エド・ウッドの映画は観た事がないのですが、(脚本を書いたという『死霊の盆踊り』だけは観ています) B級好きとしては、なんとか観るチャンスはないものか、と思っているのです。



エド・ウッドの事を描いた映画『エド・ウッド』がありますが、アカデミー賞助演男優賞を受賞したマーティン・ランドーの話が、川本さんの訳注に出ています。
この俳優、『北北西に進路を取れ』や、テレビの人気シリーズの「スパイ大作戦」で知られているそうです。

 瀬戸川さんは、マーティン・ランドーのオスカー受賞について、こう書いている。
「アカデミー賞は嫌いだが、この選考はうれしい。選考委員もマーティン・ランドーの熱演と彼の演じたベラ・ルゴシに胸を打たれたのだろう。つまり、これはエド・ウッドを狂言まわしにして俳優ベラ・ルゴシを描いた映画なのだ」(「シネマ古今集」)




これも観てみたいな~~。
お次は『インディー・ジョーンズ』ってそうだったんだ~~なお話です。

 チャールトン・ヘストンが出た『インカ王国の秘宝』。あれが「インディ・ジョーンズ」そっくりなんですよ。洞窟に入っていくと光が当たって、反射して、そこが宝の在り処だというところ。その上、チャールトン・ヘストンの格好が革ジャンにソフト。まさにハリソン・フォードのあの格好なんです。

見たい!と言うか、あ、これインディー・ジョーンズクリソツ~と思った事があるよーな気が・・・。もしかしたら観た事あるかもしれましぇん。かなりうろ覚え。
まだ続きます。



*2011年5月28日現在、この前こちらUPした際に見つけた『プラン9・フロム・アウター・スペース』買ってしまいました~(笑)
映画『エド・ウッド』も、だいぶ前に観ましたです。





クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : エッセイ/随筆
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。