スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

源氏物語 巻五 其の三 2008.2.18

まずは「源氏のしおり」より引用です。

 源氏物語の中で作者が意地悪いほどの筆づかいで、読者の物笑いになるように書いているのは、末摘花と近江の君、それに色好みの老女源の典侍である。この三人の共通点は宮廷や、貴族社会の通念や、日常性の調和を破る点である。何より美と調和が重んじられた当時の社会に於て、どんな意味にしろ、不協和音を立てる者は許されず非難の的とされた。
 源の典侍は年齢に似合わない好色という点で。末摘花は、正視しがたいほどの醜い容貌、特に象のように長い鼻とその先が赤いということ、それに度外れの世間知らずの非常識という点で。そして近江の君は、身分の低さと無智と、身の程をわきまえない点で、人々の顰蹙を買い、嘲弄を招くのであった。


何にしても、読書や映画で私は「ユーモアのセンス」に惹かれる事が多いのですが、容貌などをこけにする紫式部のユーモアは、私には趣味が良いとは思えず、あまりの意地悪な饒舌な筆に、笑わせる場面なのでしょうけど、笑えませんでした。
なので、瀬戸内さんの以下の文には拍手ものでした。

 それにしても末摘花も近江の君も、作者の筆が辛辣になればなるほど、あわれを感じ、笑いがふっと凍りつくような気分にもなる。それはこの人物たちに、全く悪意がなく、善良だからであろう。
 少なくとも末摘花と近江の君は、一途さに於て、非常識なほど真面目で真剣だという点に於て共通している。しかしそれは観点を変えれば、人間の美点でもあるのだ。


巻五の中で、鬚黒がいそいそと玉鬘の君に会いに行こうとする時、物の怪に取り憑かれた北の方 (第一夫人) が灰をかぶせちゃうシーンがあります。
ここは大笑いでした。とても印象に残るユーモア溢れるシーンで大好きです。こういうユーモアは良いですね。



クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 古典文学
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。