スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ギタリストのための全知識』その3 2008.4.3

こちらから続きまして、オクターブずらして弾くっつー事を書いたのですが、さらに・・・
「同じフレーズを色々なポジションで弾く」「key を変えても弾けるようにする」
ってな事も教えてくれてます。
それと「代理コードなどを応用する」ってな事も出て来るのですが、コードがこれまた、とんでもなく苦手な訳でして、ううっ、克服すべき課題がおおすぎ~~!
フォークから入った人はコードバッチシですよね。私はクラシックから入ったのでコードわからんのです。あ、言い訳ですね。(汗)

◆スケール◆
スケールなんて3つ覚えりゃ充分だなんて、うれちー事が書かれていますが、上達するにつれて、やはりペンタトニック、マイナースケールではソロもワンパターンになって物足りなくなり、ディミニッシュだとかいろいろ覚える事になると思うのですが、私も昔の自分のソロを聴くと、後につくった曲ほど難しくて弾けにゃいんです。いろいろ工夫がされてたり。ま、ソロなんてアドリブで弾けば良いんですが、あまりに曲にピッタシ合ってると、なかなかそれもし辛くてねー。
例えば「ホテル・カリフォルニア」のソロなんて、変えるの不可能!って感じっすよね。
メジャースケールは、あまり使う事もない気がするんですが・・・7ボジション覚えよう!と7つのポジションが出てまして、コレで覚えたのか忘れましたが、その7ポジションを繋げて弾くって事を自分で開発し、メトロノームに合わせて練習ってな事をやってました。なので今でもメジャースケール7ポジションは弾けます。しかし応用が・・・(汗)

まだ続きます。多分次回で終わりです。

 

        

クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : エッセイ/随筆
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。