スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ギタリストのための全知識』その4 2008.4.4

こちらから続いてます。
あとはリズムトレーニングとか、フレージング・アイディアなんてのも出ているし、きっと楽しく練習できると思います!
なにより堅苦しくないのが、この本のとっっても良い所ではないかと。
そして嬉しいのは、第8章「アンサンブル」
これからスタジオ入ってバンドで練習! な私としちゃあ、これはとっっても有り難いです。
お金をかけて時間を使ってスタジオに入る訳ですから、なるべく無駄に過ごしたくないっすよね。
ここにも書かれていますが、結構多いのが構成さえ覚えていなかったりする、特にボーカル!
歌メロもそうぢゃないんだけど~~ってな事が結構あったですよ。遊びのセッションなんかで特に。(意図的に変えるのはアリだけど、そーゆーんじゃなくてあきらかに…)
たとえ遊びのセッションだって、そんないいかげんじゃおもしろくないじゃないっすか。
以下引用です。

リハーサルは"みんなが揃わないとできないこと"を最優先するべきで、それ以前の、個人でカバーできるパートはしっかり練習してくる。もうこれは本当に常識。1人でも練習不足の人がいると、みんながそのレベルまで戻らなきゃいけなくなり、不効率極まりないからね。

ハイ、今回は自分も気をつけてがんばらねばであります。
それと、ヘヴィーメタル、ハードロックなどにありがちなのが、オレが主役だぜ、とばかりに、自分の音ばかりやたらとデカくする人達! (ハイ、ゴメンナサイ)
スタジオに入ったら、まずは全体の音量バランスを決めましょう、と書いてあります。
養父さんは、ドラムの音量を基準に設定することが多いとか。ま、生音ですから、当然そうなるでしょう。
これは忘れずにスタジオ入りの際に実行せねば、と思います。

ライブの事なども、実に役に立つ事がいっぱい書かれています!
ギタリスト初心者にも上級者にも絶対オススメです!!
笑えて為になる教則本。まぢ為になりますよ~~
上級者さんは、忘れていた基本を思い出したり出来ると思います。

まあ、読み返しても、使ってみたいスケールなど覚える暇もなく、今はとにかくひたすらバンド再結成に向けて、自分の曲をコピーしなきゃならない訳なんですが。(自分の曲が弾けないんだぜ?をい)
余裕が出来たら、この本とじっくり取り組んでいきたいと思います。

 

        

クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : エッセイ/随筆
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。