スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀山訳『カラマーゾフの兄弟』1巻 その3 2008.4.8

出鱈目ばかり言っているフョードルのセリフの中に、時々こういう鋭い真実が光るんですね。そこがフョードルのおもしろい所です!

「ファクトリーのワインにエリセーエフ兄弟商会の蜂蜜酒ですか、こりゃたいしたもんだ、神父さん! なにしろウグイとはわけがちがうようで。こりゃまた、豪勢にボトルを並べたもんで、はっ、はっ、はっ! だれがこんなもの持ち込んだんですかな? 勤勉なロシアの百姓たちがまめだらけの手で稼いだわずかばかりの金を、家族や国歌の要は二の次にして、こっちに回しているんだ! 神父さん、あなたがただって民衆の生き血を吸っているんだ!」

またまたフョードルでして、あなたもですか!と言いたくなったセリフです。

おれたちみんなほんものの信仰をもてないのは、たんに軽卒だからだが、それはおれたちに暇がないからなんだ。第一に仕事がきつい。第二に神様は少ししか時間をくださらなかった、一日にたった二十四時間しか割りふってくださらなかった、だから懺悔どころか、十分に眠るヒマだってありゃしない。

神様、せめてあと3時間、いや2時間でもいいから1日の時間をくれれば良かったのに!なんて思ってしまいます。
こんな所も、ドストエフスキー小説の、全く古くならない現代小説的な所ですよね。

ちょっと気になってしまったのが、次のスメルジャコフのセリフなんですが・・・

地獄でそんなひどい目にあうことはないです、

「ないです」は正しくは「ありません」ではないでしょうか。(・・・って、そんなに自信あるわけぢゃないんですが、「ないです」って正しいですか?)
ま、自分だって正しくない日本語をしゃべっているしブログにも毎日書いてはいますが、こういう文学作品で目にすると気になってしまいます。揚げ足とるつもりはないんですけど。
とは言え、何もスメルジャコフが正しくしゃべれなきゃいけないって事もないんで、別に良いのかもしれません。

ちょっとおもしろい記事を見つけました~是非読んでみてください。
亀山郁夫訳『カラマーゾフの兄弟』を検証する

    

  

クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。