スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『罪と罰』再読 その4 2008.5.30

  

この小説の後半最大の盛り上がりが、ポルフィリーとの対決だと思うのですが、ラスコーリニコフの思想には、若い頃の自分を思い出して共感する部分もあります。
大きな声で言うにはこっぱずかしいですが、自分には何か特別な何かがあるとか、何か出来るはずだとか、そんな事ですね。大人になるにつれ、幻想は崩れ、現実が見えて、自分がいかに凡人かを思い知らされる訳ですが、ポルフィリーのセリフに爆笑しつつも、大人になった今、ラスコーリニコフを見る自分の気持ちみたいなものも、ポルフィリーの中に見出したりします。
まずはラスコーリニコフの独白より引用です。

ぼくはもう何日もの間、ナポレオンならこうやるだろうか、やらないだろうかなんて悩みとおしたんだから、自分がナポレオンでないことをはっきり感じていたわけなんだ……

続いて、ポルフィリーのセリフです。

いや、危険なのは、青年によくある、この抑圧された、誇らしい熱情なんですな! あのときはからかいましたが、いま言わせてもらえば、私はがいして、つまりアマチュアとして、青年の最初の熱情的な習作が大好きなんですよ。いちめん煙と霧が立ちこめているようでいて、その霧のなかから弦の音がひびいてくる。あなたの論文は不合理な、空想的なものでしたがね、あそこには真情から出たもの、何ものとも妥協しない若々しい誇り、向こう見ずな大胆さがちりばめられていました。

多分、次回で最後です。
うう、もっと何か書けたはずだと思うんですが、再読してから書くまでに時間が経ち過ぎてしまいました。_| ̄|○

クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。