スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ナンシー関の記憶スケッチアカデミー』 2008.6.6



ナンシー関がまだ39才で亡くなった時は、ビックリでショックでした。その頃教えてもらったこのサイト
絵も爆笑だし、それに対するナンシー関のコメントが、もうほんっっと最高で。
4本足のニワトリ~~!とか。
この前偶然に、この本が出ているのを知り、早速購入しちゃいました。
いやあもう、電車で読むのはオススメしませんっっ! 絶対声出して笑いますから!!
ナンシー関、押切伸一、いとうせいこうの「記憶スケッチ学会座談会」では、実にマジメに記憶スケッチについて論じているのでありまして、高齢の方の線の多さの問題、二次元、三次元まで話は行き、記憶の揺れゆらぎからキュビズムまで!!
サイトでちょーー爆笑だったニワトリの巻が入ってなかったのが残念でしたが、へえ~~そうなんだ~~と思ったいとうせいこうの話です。

いとう 前に、ちょっとした機会があって、有名企業の重役たち三十何人にニワトリを描かせてみたんですよ、実は。初期にやった実験を再現してみた。そうしたらですね、三十何人のうちの5人くらいがやはり4本足を。
ナンシー あら。
いとう 教養もあり。
押切 出世競争を勝ち抜いた。
ナンシー 一国一城の主たる。
いとう すごい人たちなんですよ。社会的には。それが足4本描いて、俺に指摘されるまで気がつかない。


押切伸一の「解説」が、これまた良かったです。そこから引用です。

テレビの中で自分のつまらなさに無自覚なまま、自意識を垂れ流す人々を不快さに耐えながら観続け、そのどうしようもなさを指摘し続けたナンシーにすれば、愛らしいスケッチたちを素材にあれこれ考えることは、心軽く楽しい作業だったに違いない。全身全霊を傾けたか、投げやりかはともかく、投稿してくれた人たちがこれだけ楽しませてくれたのだから、とその楽しさをもっと膨らませて読者に届けようとしている。

全くその通りですね。コメントのひとつひとつが、ほんっっとにスゴイです。惜しい方を亡くしたとつくづく思います。もうひとつ引用して終わります。

 脳機能の研究者たちは言う。「脳にはまだまだ解らないことが多い」。当然だ。本書を読めばそんなことすぐ判明する。だが、人は解らないまま生きていて、それでほとんど大丈夫なのだ。ナンシーがそう言って勇気づけているようだ。
 存命なら当然この連載は続いていたことだろう。眉をしかめ、小難しいことを言っても人間はこの程度。それでも素晴らしい。『ナンシー関の記憶スケッチアカデミー』を読んでホッとしたかった。


2も出てたんですね!買わなきゃ。2に「ニワトリ」掲載されてるみたいです~~



クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : エッセイ/随筆
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。