スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK知るを楽しむ 人生の歩き方 野村克也逆転の発想 その2 2008.6.20




まずは引用です。ちょっと長いっす。(汗)

 子守りやアイスキャンデー売りのアルバイトもしていました。子守りのときは、泣かれると面倒なのでいつもどうやって寝かせるか、そればかり考えていましたね。おかげで、その家のお母さんに「克ちゃん、ウチの子をなるべく寝かさないでちょうだい。昼間寝過ぎると夜寝なくてたいへんなのよ」とイヤミを言われたこともありました。
 アイスキャンデー売りの仕事は歩合制だったので、お祭りの場所ばかりを狙って出かけていましたね。祭りには人が大勢集まってくるから、アイスキャンデーと書かれた旗を立てておくだけで、飛ぶように売れるんです。だから、どこの町で、いつ祭りが開催されるかを入念に調べて知っていました。売り切れると、新しいアイスキャンデーを仕入れるために、峠道を自転車で何往復もしていました。
 とにかく子どもながらに、どうやったらラクに売れるかを考えていたように思います。改めて思い返すと、僕が今やっている「データ野球」の源は、じつはアイスキャンデー売りにあったのかもしれません (笑)。


小学生の頃から、このように頭を使ってきたんです。
そんな野村流のやり方は、野球に限らず、あらゆる指導などや人生に役立つ事が詰まっています。以下引用。

 選手の育て方にはいろんな方法があるんです。徐々にラクなところから慣らしていって経験を積ませたほうがいい場合もあれば、いきなりド~ンと大舞台に放り込んだほうが育つこともある。それぞれの選手の性格をちゃんと把握することが大切なんですよ。

こんな事も言っています。

――野球人である前に、ちゃんとした人間であれということでしょうか?
 そうですね。野球選手である前に自分の人生というものを考えろ、ってことなんです。「人生」ってうまい字ですよね。「人として生まれる」「人として生きる」「人として生かす」、いろんな意味が含まれている。「人」という字も支えがなきゃ1人じゃ生きていけないことを表わしているし、「人間」という字も「人の間で生きていく」ということを意味しているわけです。
 そういうことを一通り言って、選手たちに考えさせるんですよ。野球はやっぱり「人」。団体競技でチーム最優先であることは前提としてありますが、そのためには個人ひとりひとりの生き方や価値観が大切になってくる。自分がどう生きるべきかを考えれば、野球観もおのずと変わってくるはずですよ。


もうちょっと続きます。



クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : NHKテキスト
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。