スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀山訳『カラマーゾフの兄弟』3巻 その1 2008.7.16

ゾシマ長老の腐臭から始まる3巻。
カラ兄弟の読者は、だいたいがイワン派とアリョーシャ派に別れると思うのですが、(ミーチャ好きな方もおられると思いますが、圧倒的にイワンとアリョーシャではないかと…)
そして、アリョーシャ派はやはり、ゾシマ派でもあるのでしょうか。
私は絶対的にイワンだったんです。大審問官こそがカラ兄弟だと思いましたし、フェラポンド神父にも共感でしたし、ゾシマは偽善者としか思えませんでした。
1巻でのフョードルのセリフも、まさに!と思いましたし。
そんなゾシマも、ミーチャに対する予言的な態度とか、タダの偽善者ではないな、と思える箇所もたくさんあります。
「人々は心義しい人間の堕落と恥辱を好む」という長老の言葉も、なかなか鋭いですよね。そして、まさにこの通りの事が起こるのです。

そして、この巻はミーチャが主役的役割りを果たします。
3巻は、ドストエフスキーのユーモア全開という感じがしました。
ミーチャはフョードルととても似ていると思うのですが、フョードルと同じく、ミーチャも道化そのものという感じがしますし、そのミーチャの「予審」と、ホフラコーワ夫人のおしゃべりには爆笑です。
ドストエフスキーのユーモアというのは、人間の滑稽さだったり、過剰さだったりすると思うのですが、ズバリな受け答えをなかなかしない「もどかしさ」の可笑しさもありますよね。
とにかく無駄話が多い。(笑)
読んで行くうちに、忘れていた事が次々と思い出されたのですが、ネタがわかっていても、ホフラコーワ夫人とミーチャのやりとりなど可笑しいです。
ポーランド人2人も良い味出しているし、見事な盛り上がりを見せ、楽しく読めてしまうと思います。
そして、話の切り方が実に上手い、というのが新たな発見でした。
スティーヴン・キングの『IT』のような手法が、100年以上前に既に使われていたんです。(『IT』では時代が交差するという意味では、ちょっと違うのですが。)

次回へ続きます。


    

  

クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。