スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『失われた時を求めて5 第三篇 ゲルマントの方I』その5 2008.10.10

巻末の鈴村和成さんのエッセイ「ゲルマントという主題」では、あまりにヒドいネタバレがいっぱいでした。
再読と言っても結構忘れてる訳で、その忘れているのを幸いと思っているのに、これはあまりにもヒドイと思いますよ~訳者に関しても、かなりあちこちでネタバレされてるんですが。
ストーリーを知った上で楽しめる小説にしたって、やはり楽しみの一部を邪魔されたくありません。
そんな怒りの中、以下の文には、にゃるほど!でした。

 プルースト的恋愛では、恋の対象は交換可能な「身代わり」の関係にある。あるとき、ある人に、恋愛感情は結晶するが、そこには必然の機制ははたらいていなくて、その人でなくてもよかったのだ。すべての恋人が他の人の代役としてあらわれて来る。

納得。プルースト的恋愛の違和感はコレでしたか。
しかし、惚れられる方としては、えらい失礼と思いますよねぇ。
同じこのエッセイより、今自分が再読している意味を考えた以下の文で終わりにしたいと思います。

プルーストを読むタイミングというものがあり、それはくり返し人生のさまざまな機会を通じて、恩寵のようにおとずれる。



失われた時を求めて

クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。